血液検査項目解説

2018.11.22更新 2018.09.06 創刊

血液検査をして結果をもらっても何の意味か分からないので、調べてみました。

 

実値は自分(70歳)の結果で、黒字は最近のちょっと古いデータ、青字はそれより新しい、赤字は最新

掛かり付けの病気によっても、健康診断でも検査項目が変わるので検査時期がずれます

検査結果しか見ない医者くらいの見識は得られるのではないか?

 

自己判断

肝障害はなく、脂肪肝の可能性も少ない・・・これまで通り大いに酒は飲める、糖尿が少し出るので肴には要注意か?

貧血気味は昔から、不整脈は気にするほどのことではないようだが?・・・概ね良好!

 

機能

記号

項目

意味

単位

下限

上限

実値

180920

18.10.10

181030

肝膵

TP

総蛋白

栄養状態・肝実質の異常をみる

g/dL

6.5

8

6.5

 

 

6.5

 

ALB

アルブミン

栄養状態・肝障害

g/dL

4

5

3.8

4.0

 

 

 

ALP

アルカリホスファターゼ

骨・肝臓・胆嚢に含有黄疸・骨疾患等で増加

IU/L

104

338

200

 

205

207

 

ALT

アラニンアミノトラン

スフェラーゼ 肝障害

IU/L

4

44

15

16

 

14

 

A/G比

アルブミンとクロブリン

アルブミンとクロブリン量の比率 肝疾患等

 

1.3

2.2

1.4

 

 

 

 

GOT = AST

グルタミン酸オキサロ酢酸トランスアミナーゼ

心筋・肝臓・骨格筋・腎臓に含有 肝細胞が破壊で増加肝障害アルコール性・慢性肝炎

IU/L

8

38

20

23

20

22

 

GPT

グルタミン酸ピルビン酸トランスアミナーゼ

肝臓に含有肝細胞が破壊されると増加

IU/L

4

44

18

 

14

 

 

LDH =LD

乳酸脱水素酸素

肝疾患・心筋梗塞・白血病等で上昇

U/L

106

211

182

209

186

185

 

γ-GTP

ルタミルトランスペ

プチダーゼ アルコール・脂肪等過剰摂取で上昇

IU/L

16

73

43

41

41

 

 

CH-E

 

脂肪肝で増加

IU/L

185

431

334

 

321

 

 

TTT

チモール混濁反応

肝臓の線維化、慢性肝炎や肝硬変

 

 

 

 

 

 

 

 

ZTT

硫酸亜鉛混濁試験

慢性的な肝疾患等で上昇

クンケル単

4

12

 

 

 

 

 

T-cho

 

 

mg/dL

120

220

 

 

 

157

 

T-Bill

総ビリルビン

肝・肝道系の病気で上昇

mg/dL

0.2

1

0.8

 

0.8

0.7

 

D-Bill

直接ビリルビン

肝臓細胞が壊れたり、胆管が詰まったりすると高く

mg/dL

>

0.3

0.30

 

0.2

 

 

I-Bill

間接?ビリルビン

直接(抱合型)間接(非抱合型)

mg/dl

0.2

0.7

 

 

 

 

 

CK (CPK)

クレアチンキナーゼ

筋肉に含有 過度な運動や飲酒心筋梗塞

IU/L

45

245

128

 

 

 

 

AMY

アミラーゼ

膵臓、睡液腺の細胞に異常がある時増加

IU/L

40

  129

 

 

 

 

腎臓

BUN

尿素窒素

腎機能低下で上昇

mg/dL

8

20

8.2

7.7

 

8.7?

血液

Creat

クレアチニン

腎機能低下で上昇

mg/dL

0.4

1

0.81

0.81

0.86

 

 

eGFR

推算糸球体濾過量

腎臓の老廃物排出機能望ましくは90以上

 

60

   90

72.2

 

67.6

66.7

 

Na

ナトリウム

神経の伝達や心臓・筋肉を動かす

mmol/L

137

143

141

142

 

140

 

K

カリウム

神経の伝達や心臓・筋肉を動かす

mmol/L

3.7

4.5

3.9

4.4

 

4.1

 

Cl

クロール

神経の伝達や心臓・筋肉を動かす

mmol/L

98

108

107

107

 

104

 

Ca

カルシウム

副甲状腺・癌・骨の病気 のどの渇き・多尿

mg/dL

8.5

10.1

 

 

 

8.7

尿

 

尿比重

腎臓の機能

mg/dL

1.005

1.030

1.013

 

1.023

 

 

pH

尿pH

アルカリ)膀胱炎などの尿路感染症、

酸性)糖尿病や痛風

 

5.0

8.0

6.0

 

6.0

 

 

 

尿蛋白

腎炎、尿路感染症で陽性に

 

<

0

0

 

0

 

 

 

尿糖

陽性時は要検査

 

<

0

0

 

0

 

 

 

尿潜血

尿路感染症尿路結石、腫瘍などで陽性に

 

-

-

-

 

+ -

 

 

 

尿ウロビリノーゲン

(+)肝臓障害、溶血性貧血、便秘など

(-)胆汁うっ滞、閉塞性黄疸

 

-

+

±

 

+ -

 

 

 

ビリルビン

 

 

 

 

 

 

-

 

 

 

亜硝酸塩

腎臓や尿路が細菌に感染

 

-

-

-

-

-

 

心臓

BNP/CLIA

全血

脳性ナトリウム利尿ペプチド

心不全 40〜100は要観察、心疾患の有無は不明確、慢性症状はないことが多い

pg/mL

0

18.3

30.2

20.7

 

 

 

CK (CPK)

クレアチンキナーゼ

筋肉に含有 過度な運動や飲酒心筋梗塞

IU/L

45

245

 

 

 

 

 

PT時間

プロトロンビン時間

止血時間 ワーファリン量の適量化 OKらしい

10.7

12.9

32.5

27.1

 

 

 

PT-%活性値

PT時間

止血時間平均値との差?

%

80

120

26.0

25.7

 

 

 

PT-正常比

PT時間

止血時間正常値との比?

 

0.85

1.15

2.60

 

 

 

 

PT-INR

PT時間

他の施設の数値と比較できる数値

INR

1.6

2.6

2.60

2.42

 

 

 

Dダイマー

 

血栓の存在を示唆する

μg/mL

 

1.0

 

0.7

 

 

貧血

WBC

白血球数

感染などの炎症で増加、抵抗・免疫力

X10*2/μL

40

80

48

47

49

39

 

RBC

赤血球数

貧血で低下 めまい・動悸

X10*4/μL

430

530

437

457

458

459

 

HGB

ヘモグロビン

血色素量

g/dL

14.0

16.0

13.5

14.0

14.0

13.9

 

HCT

ヘマトクリット

血液中の赤血球の割合

%

40

50

40.8

43.8

43.4

43.0

 

MCV

平均赤血球容積

平均赤血球容積の平均値

fL

87

98

93.5

96

94.7

93.8

 

MCH

 

平均赤血球ヘモグロビン量の平均値

pg

30

34

30.8

30.6

30.7

30.2

 

MCHC

 

平均赤血球ヘモグロビン濃度の平均値

g/dL

33

36

33.0

32.0

32.4

32.2

 

PLT

血小板数

出血を止める血小板数

X10*4/μL

15

33

18.1

22.2

19.0

18.3

白血球

MPV

血小板容積

血小板容積の平均値

fL

 

 

9.1

 

 

 

 

NEUT (ME)

好中球

白血球の1種 殺菌能力がある

X10*2/μL

 

 

27.0

 

 

22.0

 

NEUT% (ME)

 

 

%

 

 

 

 

 

57.3

 

ST(A)B

桿状核球

(目視)白血球の1種 殺菌能力がある

X10*2/μL

 

 

0.0

 

 

0.0

 

ST(A)B%

 

 

%

 

 

 

 

 

0.0

 

SEG

分葉核球

(目視)白血球の1種 殺菌能力がある

X10*2/μL

 

 

0.0

 

 

0.0

 

SEG%

 

 

%

 

 

 

 

 

0.0

 

LYP

リンパ球

免疫能力

X10*2/μL

 

 

7.0

 

 

12.0

 

LYP%

 

 

%

 

 

17.7

 

 

31.2

 

MONO

単球

リンパ球に異物の抗原情報を伝達

 

 

 

4.0

 

 

3.0

 

MONO%

 

 

%

 

 

9.2

 

 

6.7

 

EOS

好酸球

アレルギー反応に関連

 

0

7.9

1.0

 

 

2.0

 

EOS%

 

 

%

 

 

2.0

 

 

4.4

 

BASO

好塩基球

アレルギー反応に関連

 

 

 

0.0

 

 

57.3

 

BASO%

 

 

%

 

 

0.4

 

 

0.4

血清

CRP定量

C反応性蛋白

身体の中の炎症(肺炎・風等)で上昇

mg/dL

0

0.2

0.46

 

 

0.10

 

RF

尿酸

リュウマチ反応

IU/mL

 

 

 

 

 

 

 

HBs抗原

 

B型肝炎ウイルス感染

 

<

0.04

0.00

 

0.00

 

 

HBs抗体

 

B型肝炎ウイルスの抗体

 

 

 

 

 

 

 

 

HCV抗体

 

C型肝炎ウイルスに持続感染

 

<

0.99

0.05

 

0.05

 

腫瘍

AFP

 

肝臓がん

ng/mL

 

 

 

 

 

 

 

CEA

 

消化器系(大腸)・肺癌腫瘍マーカー

ng/mL

 

 

 

 

 

 

 

CA19-9

 

膵臓がん、大腸がん、胆道系腫瘍

U/mL

 

 

 

 

 

 

 

CA125

 

卵巣癌肝臓、胆嚢、膵臓、子宮内膜、胃

U/mL

 

 

 

 

 

 

 

PSA

 

前立腺肥大、前立腺癌で増加

 

0.003

4

0.003

 

 

0.003

 

SCC

 

肺がん、子宮頚がん、食道がん

ng/mL

 

 

 

 

 

 

 

CYFRA

 

扁平上皮癌

ng/mL

 

 

 

 

 

 

血糖

GLU (空腹時)

血糖値

糖尿病の疑いで上昇

mg/dl

70

110

125

182

128

 

 

HbA1c(NGSP)

血糖値

糖尿病診断で有効 食事の影響受けない

%

5.2

6.7

 

6.0

 

 

脂質

T-CHO

総コレステロール

血液中の脂質が多過ぎると動脈硬化

mg/dL

120

220

177

 

180

 

 

TG

中性脂肪

血液中の脂質が多過ぎると動脈硬化

mg/dL

60

170

176

231

219

 

 

HDL-C

善玉コレステロール

動脈硬化を防止

mg/dL

36

61

51

50

51

 

 

LDL-Cho

悪玉コレステロール

動脈硬化を促進

mg/dL

70

139

89

89

94

 

 

L/H比

LDL/HDL

<1.5健康、>2.0動脈硬化疑う>2.5心筋梗塞

 

 

1.5

 

1.8

 

 

痛風

UA

尿酸(値)

痛風・結石などの原因で上昇

mg/dL

3

7

5.4

5.7

5.6

 

 

 

症 状 記 録

 

 

18.11.08

循環器受診

ワーファリン服薬量の適量化を検査するPT(止血)時間は標準値をいずれも逸脱しているが、OKで現状の3-1/4が適量らしい。

ここの所、重い荷物を持ったり坂を登ったりすると、しゃがみ込むような程度ではないけれど、息切れが激しい。楽器を演奏でも、昨年はSoliで激しく吹いた後、Soloしても息が切れることはなかったけれど、最近は辛さを感じるので、他の人に先にSoloをやってもらうようにお願いするようになっている。医師に話した所、筋肉の衰え、肺の筋肉の衰え、心筋梗塞の可能性が増えているなどが考えられるようだが?最近は特に運動していないからなあ。以前のように、散歩と体操をやらねば!

朝食1.5時間後の採血なので何とも言えないかも知れないが、、GLU (空腹時)が高いのは気になる。HbA1c(糖尿病診断で有効 食事の影響受けない)は正常値なので問題はないか?

18.10.10

人間ドック

昨年同様、概ね健康。胃食道接合部逆流性食道炎と胃全体萎縮性表層性胃炎がある。前者はゆっくり大食いしないということで改善中?後者はピロリ菌を退治したけれど効果はない。聴力の低下があるが音楽を演奏・試聴するには障害はない。心電図検査では洞性徐脈とT波平低の記載が?

徐脈不整脈の一種で、洞性徐脈、徐脈性不整脈とも言われる。成人の安静時心拍数は一般に毎分60〜75回(bpm)であるが、60回(bpm)未満を徐脈と定義する。徐脈はに必要な血液を送ることができなくなるため、めまい失神、ふらつきなどを生じせしめたり、ときに理解力や記憶の低下が見られボケに似た症状が出る場合などがあり、こうしたケースでは適切な治療が必要となる。マラソン選手などのスポーツ心臓でも心室内腔の拡大による洞性徐脈がみられるが、この場合は通常治療の必要はない。

T波平低心電図にはいくつかの棘波がありT波はその一つ。T波の平低化というのは波の高さが低くなっている状態をいいます。この波は食事や運動、生理、感情的なストレスなどで影響されやすい波で、心電図所見としては記載しておくのが通例。これだけでなんらかの病気があることを意味するのではない。

 

あなたは  人目の訪問者です
本日  昨日