2015年12月1日

 

御師邸平面図集

 

  伊勢の歴史を論ずる時に「御師」は欠かせない存在となっている。その中で三日市大夫次郎邸は現在の御幸通りを挟んで市役所の駐車場辺りにあったといい、広大な敷地であったことが想像できる。しからば、他の御師邸はそれより大きかったのか、小さかったのか、それはどの程度だったのか、という単純な疑問を懐いたので、手持ちの御師邸平面図を製図ソフトCADで作図して、同じ縮尺で比較してみようと考えた。

 

伊勢御師大研究中間報告

 

『御師』を調べているうちに、御師の実態はどういうものか、いろいろな疑問に突き当たったが、それに対する種々の調査結果が出ているけれども、時系列的に整理されていない記述が多く、知りたいことが出ていない、諸説ありどれが本当か分からなくなった、などの理由で、それぞれの調査資料の原本の一つであろう、昭和57年発行皇學館大學史料編纂所編「神宮御師資料」外宮編一〜三と六に収録されている山田地区の明治12年7月調「旧師職現員調書」等のデータデース化に取り組み分析を行って、明治4年に廃止された時点の「御師の最後の姿」を明確にして、数々の疑問点を明らかにしてみたいと試みたので、その結果を報告する。

 

郷土史家 飯田良樹氏投稿 明治期に於ける御師の旅館

 

御師は「御祈祷(いのり)師」あるいは「御師匠」に由来すると言われ、他の有力社寺に置かれたものを「オシ」と呼ぶのに対し、伊勢では「オンシ」と呼ぶのが通例である。また御師が「大夫」を称するのは、御師となる神職の多くが権禰宜であり、権禰宜になると五位の位=大夫を授かったことに由来する。仕事は現在で言う神宮への旅行業者であり、全国の檀家を廻ってお札や伊勢暦などを配って参宮の勧誘をしたり、神宮を訪れる伊勢講の人々の宿泊や案内の世話をした。

 

御師は以下の4階級があった。(5〜6)は師職家より主人請(保証人)となっていた師職でない庶民。

1.神宮家:内宮・外宮の10員の禰宜を世襲する家柄・・・宇治:荒木田神主、山田:度会神主

2.会合(かいごう)・三方(年寄)家:神領自治役所である、

宇治会合(50家 所在:宇治中之切町)と

山田三方(24家 所在:一之木町)の年寄を任ずる家柄

3.町年寄家:山田の各町の年寄職で三方に属していた

末家:宇治の年寄に属した家。

4.平師職家:一般の御師で年寄の支配下にある廻檀や商業を営んでいる

(5) 殿原(とのばら):御師のもとで全国を廻檀した御師の手代。代官とも云った時代もあった。

(6) 仲間(ちゅうげん):苗字なき庶民

 

伊勢の家格については「宇治山田市史」にも掲載されているが、画一ではないので理解し難い。

続神都百物語 松木時彦著 昭和7年発行より「95.神都の家格」を原文のまま紹介します。

 

豆知識:大夫と太夫、どっちが正しい?

五位以上の官吏を指す称号であり、どちらも同じく使えるというが、私見では神職は「大夫」、一般芸能者は「太夫」のような気がするので、このページでは「大夫」を使用している。五節舞ゴセチノマイや踏歌トウカの舞妓を率いる役を「楽前ガクゼンの大夫」と称し、「太でなく大の字」を用いたという。さらに神事をつかさどる者を宮太夫・太夫様と呼んだ。獅子舞などの神楽芸をおこなう者も太夫号を用いることとなった。官職としての大夫はだいぶと読み(「東宮大夫」など)、単に五位を意味する場合にはたいふと読み分ける。(参照:Wikipedia太夫、花魁、コトバンク太夫)

 

豆知識:吉原の花魁は何故、大夫と呼ばれるのか?

中国における五位にならって日本の律令制度でも五位の官人が芸能・儀式をとりしきるならわしがあったが、権禰宜、即ち「大夫」の一部が神楽職をしていたことから、一般的に芸をする人のうちレベルの高い人を「太夫」と呼ぶようになったと推測している。花魁が「太夫」と呼ばれたのは初期女歌舞伎と遊女との関係から芸能者の称号が流用されたとか諸説があるが確定できないらしい。花魁は遊郭の中でも最高位の遊女であり才知に長けていて芸事にも優れていたので「大夫」と呼ばれたのではないだろうか?花魁が「夫」と呼ばれ始めたのは京都島原だったというが、宝暦年間(18世紀中頃)には「花魁」と呼ばれることが一般的になり、「夫」と呼ばれることは無くなったという。(参照:Wikipedia太夫、花魁、コトバンク太夫)

 

       

 

神職とは神に奉仕している神社の職員全般の総称で、一般には神官あるいは神主と呼ばれています。戦前は伊勢神宮のみ神官と呼ばれ、それ以外の神社では神職と呼ばれた。その仕事の内容は(1)神に仕え、神徳の高揚を図る、(2)神社の運営、(3)祭儀及び社務全般を行う。

 

神職の職階

明治20年(1887)制定

昭和20年(1945)制定

伊勢神宮

官幣社・国幣社

府社・県社・郷社

村社

伊勢神宮

それ以外の神社

祭主

大中臣姓(藤原氏と同族)の藤波家が世襲していたが、明治以後(皇族・公爵から任命。

祭主がいるのは伊勢神宮だけ

祭主(1)

皇族から

任命

大宮司

大中臣(藤原氏と同族)河邉家が京より赴任

宮司

大宮司(1)

宮司

少宮司

権宮司

社司

少宮司(1)

(権宮司)

禰宜

正禰宜職を世襲する家柄(各10)

<内宮>荒木田<外宮>度会

禰宜

禰宜(9)

禰宜

権禰宜

荒木田・度会の異姓家

権禰宜(20)

権禰宜

宮掌

(ぐじょう)

伊勢神宮の神職の一つで一般神社にはない職。正式な神職とは見なされない。権禰宜の次位。

主典

社掌

社掌

宮掌(40)

祝部

(はふりべ)

摂社末社の神職?禰宜より下級の神職だが宮掌と同列か?

 

 

 

祝部

(20)

 

 

 

 

 

 

出仕(22)

神職見習い

 

以上、神職。その他の職員

教導職員は神職かも知れない

 

 

職員ほか

事務職員(17)

教導職員(26)

技術職員(32)

衛士・楽師(85)嘱託など(290)

 

出典:「神道のよくわかる本」 PHP研究所出版 阿部正路著、「伊勢の町と御師」伊勢市立郷土資料館、

平成18年初版検定お伊勢さん公式ガイドブックほか。(人員は内外両宮合わせて)は昭和62年「瑞垣」神宮奉職者一覧より。

 

 

歴 史

 

平安時代後半

この頃には存在していたようです。

江戸時代 

最も多い時には 宇治に271家、山田に615家の御師があった。

いろいろな職業を兼ねていた御師もいた

(内宮)十文字大夫(土倉=高利貸)、

(外宮)榎倉大夫、久保倉大夫、金屋大夫、釜屋大夫、鎰屋大夫(かぎや・八日市場)、瓦屋与一大夫、錦屋大夫

大主大夫(漆器屋・八日市場)、杉木宗大夫(一志久保町・造酒)、松木館(まつきだち・岡本町・麹座)、吉大夫(割木座)

明治  4年7月

(1871)御師制度が廃止された。廃止直前の御師数<山田>487<宇治>174

明治  5年7月

内宮祈祷所が設けられる。神宮で直接、御祓大麻を作る。

明治  8年

外宮祈祷所が設けられる。

明治11年

神宮暦を頒布するようになり、御師の活動を神宮が引き継いでいった。

 

主な御師家の遺構

御師家

家柄・檀家 ほか

所在地

遺構

山本数馬大夫

<内宮>徳川将軍家

宇治

現、浦田家

太郎館大夫

 

宇治

門:現、祭主職舎(旧、慶光院)

浦田大夫

 

宇治

門:現、少宮司職舎

藤波神主

禁裏(皇族)御師 足利将軍家

宇治

 

上部 (うわべ) 越中守大夫

織田・豊臣両家

岡本町(旧、六日市)

敷地碑地方裁判所

三日市帯刀大夫

 (三方家) 10万戸以上

岩渕町(旧、三日市)

敷地碑:税務署付近 明治40年御幸道路開通により南北に分断された。

久保倉大夫

久保倉弾正(三方家)

岩渕町(旧、三日市)

旧山田郵便局裏にある右近邸跡碑の場所か?

東大夫

 

 

一志町

門と蔵が残る 厚生小学校そば

古今伝授創始者を祖に持ち累代文墨の才人を輩出したという東 常緑(とうのつねより)邸。明治4御師廃絶直前、師職名 東 彦左衛門で、正六位 年寄「東 吉貞」外宮別宮風宮御炊物忌、宮掌大内人 宮後町46番地 が讃岐、伊予、阿波に4千余体配札(御師取調帳より)。

春木大夫

<外宮>徳川将軍家

本町

現 覚田真珠本町寮当たりか?この土塀は名残か?

福井大夫

織田信長

一之木町

門:多気町五桂珊瑚寺

龍 淡路大夫

(三方家) 10万戸以上

大世古町

敷地碑:大豊和製紙

福島相模御塩焼(みさき)大夫

(三方家)安永6年(1777)には18万5千軒余り

八日市場町

(旧、八日市)

現、神宮文庫門

敷地現、宇仁田呉服店付近

丸岡宗大夫

 

宮町

門と本宅の大半が残る

江戸末期の創建と言われるが安政の地震の後、慶応2年に改築さらという。丸岡邸があるのが烏帽子世古。昔、烏帽子をかぶっていた神楽衆が住んでいたことに由来したとも云われる。町年寄で御師廃絶直前は摂津、大阪、和泉、伊賀、信州、相州などに1万5千余体配札していた(御師取調簿より)

葉山大夫

中級御師 千葉県などを中心に2万4千戸余り

常盤町(旧、上中ノ郷)

薬医門:徴古館裏門

橋村肥前大夫

橋=筋向橋に由来

常盤町(旧、上中ノ郷)

蔵が残る 本宅・門:一色町昌久寺本堂

中西大夫

 

常盤町(旧、上中ノ郷)

門:現二俣4松葉邸

 

福島御塩焼(みさき)大夫薬医門

福島御塩焼(みさき)

大夫邸跡碑

友達の宇仁田君の実家?

 現宇仁田呉服店

福島御塩焼(みさき)大夫は外宮土宮の御塩焼物忌職を務めたことにより御師名とした。場所は現宇仁田呉服店のところである。

安永9年(1780)年建立の薬医門は昭和10年3月に八日市場より移築され、現在神宮文庫の黒門となっている。

中西大夫邸門

(現二俣町 親戚の松葉さん邸)

上部 (うわべ) 越中守大夫邸跡碑

岡本町地方裁判所

葉山大夫家の薬医門

常盤町の友達の病院にあったのを移築

したもので、現在、徴古館裏にある。

丸岡宗大夫邸門

 

今でも丸岡さんが

住まいされていました。

 

伊勢に残る御師の館で

原型をとどめている

最後の建物だと思いますが?

久保倉右近邸跡碑

三日市次郎大夫邸跡碑

三日市次郎大夫邸の名残りの土塀?

龍大夫邸跡碑

龍大夫:山田の大世古に移る前は宮川の左岸松倉村に住んでおり、龍の社という鎮守を祀っていたころから龍を家名としたと伝えられている。龍石見家はもと山田の御師で三方会合エゴウの年寄家であった。外宮権禰宜兼職。元は異姓家であったが、寛文年中、田中中世古、春木定光の子時光を養嗣としてから度会姓となり、叙爵せられた。1655明暦元、相州三浦一円の道者株を幸田源内に売却している。(復刻「山田惣絵図」解説書より) 明治の御師廃絶前は武蔵国、下総国、相模国などに18万体ほど配札していた。(旧御師職取調簿より)御師廃絶後、山田で1〜2を争う大旅館となった。1日に7〜800人が収容できたという。明治13年明治天皇が神宮にご参拝の時には行在(あんざい)所に当てられた。

橋村肥前大夫邸名残りの蔵か?

  

橋村肥前大夫邸が移築された一色町にある昌久寺 どこまでが遺構でしょうか?

 

春木大夫邸の土塀か?

古地図を調査していたらこの場所は春木大夫邸のあった位置からずれていて、1800年頃からこの場所には松木五・六神主が住んでいたのでそのゆかりの土塀だと思わる。

大夫邸

古今伝授創始者を祖に持ち累代文墨の才人を輩出したという。麹屋のすぐそばにあり、風情ある建物ですが、どのような才人を輩出したのか、よく分かりません。今度、 調査してみます。

太郎館大夫の門 元慶光院 祭主職舎

浦田太夫邸門 (現神宮少宮司職舎門)

 

 

大豊和紙工業

 

明治32年(1899)神宮の紙札や暦用紙を奉製する地元の3社が神都製紙鰍設立。明治44年11月工場を拡張。大正6年10月旧御師龍大夫邸を買収、同7年から昭和初期にかけて随時、工場を増築。戦後、現社名に変更。

この場所は御師、龍大夫邸のあとで、敷地内に跡碑が建てられています。中学生の頃はこの前を通って学校へ通いましたが、今回、ギャラリーとして公開されていたので、初めて館内に入ることが出来ました。

 

山田三方会合

 

山田(昔は「ようだ」と呼ばれた)の町は大名に統治されたことがなく、神宮の神領として各町の自治組織=三方会合が自治を行ってきた。これはヨーロッパのギルドのようだが、この組織が明治期の繁栄をもたらしたものと思われる。

室町末期、山田の町は中島、辻久留・二俣・浦口、上中之郷、下中之郷、八日市場、曽祢、大世古・一之木、一志・久保、宮後・西川原、田中・中世古、下馬所・前野、岡本・岩渕・吹上の町があったが、江戸時代には三分割され、須原方、岩渕方、坂方に区分された。それぞれから山田三方年寄24家で構成され、山田奉行に直属していた。三方年寄の下に町年寄があり各町の行政を掌握した。

山田三方会合所

跡碑

そばの橋は会合橋という

山田奉行所

 

山田奉行所は江戸時代に幕府が伊勢国に置いた遠国奉行、言わば幕府の出張所の一つ。その仕事の内容は、伊勢神宮の警備・遷宮の監督・伊勢国の幕府領の支配・鳥羽港の監視などだった。

徳川家康は遠国奉行として、長崎、佐渡についで慶長8年(1603)11月勢州山田奉行所を度会郡有滝村に開いた。江州山中の代官長野内蔵允友長が奉行へ転役されて着任、同時に江戸表より支配御組頭4人、与力6騎、同心20人、四日市より水主40人の派遣があった。また、軍船虎丸、孔雀丸2隻と、関船の天地丸、鬼丸、千速丸、一楽丸、小鷲丸、乙矢丸、小鳥丸7隻を擁し、幕府出先として堂々たる陣容で固められていた。

山田奉行所は寛永12年(1635)第7代花房志摩守のとき度会郡小林村に移され幕府が終焉を迎えるまでこの地にあった。伊勢市内に点在する奉行所跡はこの間に奉行の下代や奉行自身が地理的便宜上出張して裁断を行った場所です。大岡忠相は、正徳2年(1712)〜享保元年(1716)までの4年間、この地で第18代奉行を務めた。

吹上 八間道路沿いにある跡碑

山田奉行所記念館

 

弘化2年(1845)にほぼ全焼した山田奉行所を翌弘化3年(1846)に新築したときの図面「新造小林役所之図」などに基づき、書院、お白州などその公的部分の一部を復元した。主屋81.3坪、門長屋19.6坪で、その広さは往時の小林役所建物面積の凡そ6分の1にある。

立派な物を作くっちゃいましたね!

出典

フリー百科事典『ウィキペディア』

伊勢商工会議所・伊勢文化舎発行「検定 お伊勢さん」

伊勢市立郷土資料館 第13回特別展 「伊勢の町と御師」

   写真集伊勢編集委員会編集「ふるさとの想い出 明治大正昭和 伊勢二見二俣」

 

伊勢度会近世歴史年表に戻る

伊勢探訪記の目次に戻る

トップページにもどる

 


あなたは  人目の訪問者です
本日  昨日