宮川口にて

 

掛軸のことを調べているうちに実際に

現地に行ってみたくなりました。

河崎にて

近世伊勢参宮名所図会

 

  山田駅〜宇治山田駅周辺

山田郵便局

度会府庁跡碑

麹屋・菊一文字

旅館 山田館宿泊記

大晦日の外宮

足代弘訓邸碑と墓

光明寺と結城宗廣墓

  月夜見宮〜筋向橋周辺

筋向橋

東邸

松田ミシン(工場)

秋田洋品店

旅館 奥文宿泊記

清野井庭神社と大間国生・草奈伎神社

荒木田久老邸跡碑

尼辻・新道考

  古市周辺

小田橋

古市芝居跡碑

備前屋・油屋・大安跡碑

伊勢音頭恋寝刃 お紺と孫福 斎の墓

両宮常夜燈

角屋

千束屋里登が牛谷坂を改修

麻吉宿泊記

間の山 お杉お玉碑

宇治惣門跡碑

栄松山寂照寺と月僊

世義寺

虎尾山 明治聖代戦役記念碑」跡

虎尾山 旅館五二会館と五二会商品陳列館

川端町 地蔵院(旅館五二会館玄関移築先)

  河崎周辺

   かね安

   伊勢河崎商人館

   レンガ倉庫

   河邉七種神社と善光寺

  神社・通周辺

  柏谷旅館宿泊記

   昌久寺

   文庫筵船積出地跡碑

  筋向橋より西周辺

     尾崎咢堂記念館

      地蔵院:五二会ホテル遺構

      桜の渡しと柳の渡し

       松井孫右衛門社と山口誓子句碑

       (番外編)ミニチュア姫路城

 

宇治周辺

     林崎文庫

     祭主宮官舎 元慶光院

    水月楼 すし久

伊勢の鉄道

参宮鉄道(現JR東海紀勢本線参宮線)

参宮急行電鉄(現 近鉄)

もう一つの伊勢電気鉄道跡

伊勢の市電

伊勢電気鉄道跡(旧三重交通神都線)

朝熊登山鉄道跡とその位置

合同電気 3つの煙突の位置

神苑会の業績

神苑会碑

太田小三郎君紀功碑

神宮徴古館

神宮農業館

御幸道路

豊宮崎文庫

勾玉池

賓日館

秋田教方萬金丹

小西萬金丹邸

切妻妻入建築

野間萬金丹とその朝熊岳本店遺構?

岩城萬金丹

御師

上部大夫邸跡碑

三日市大夫邸跡碑

久保倉大夫邸跡碑

東大夫邸

春木大夫邸跡

御師龍大夫邸跡碑

御師龍大夫邸跡(大豊和紙工業)

福島大夫門

丸岡大夫邸跡

葉山大夫家の薬医門

橋村大夫邸跡

山田三方会合

山田奉行所と山田奉行所記念館

神職の職階

 伊勢度会近世名軸図鑑  我が郷土・伊勢度会ゆかりの文人たちが描いた掛軸をご紹介します

 伊勢度会近世年表  上記作者たちが生きた時代の伊勢度会の出来事年表です

 伊勢復興計画  探訪した結果をベースに郷土復興計画を策定している経過です

総合目次にもどる

 

太一

左写真は我が家にある第60回式年遷宮の時のお木曳神事の時にご用材を運搬する車(奉曳車)の模型です。提灯の場所には何かがあったのだとは思いますが入手した時には欠品していたので、たまたま寸法が合ったお土産の提灯を付けていますので実際とは異なっています。

前からここに書かれている「大一」はどんな意味があるのか知りたかったのですが、偶然にスーパーミステリー雑誌「ムー」を読んでいたらその意味が出ていましたので調べるきかっけになりました。

 

実車の写真を見ると「大一」ではなく「太一」と書いてあるものが多いようですが、Wikipediaによると、「太一」はたいいつと読み、大一・泰一・太乙とも書く、と記述されていますので「大一」でも間違いではないようです。ある町(実家は大世古町ですのでそこ)のは「大一」と書いてあるのかも知れません

「太一」は古代中国における宇宙の根元を表す哲学概念、またはの中心に位置する星官(星座)またはその神格を表しているとあり、その神格は天空の中心で動かない北極星や、それから連想して太極(たいち・たいきょく 万物の根源の意)、さらに万物の根源である神に置き換えられて天照大神や大日如来を指し、どれも同一視されることが多いということです。従って、伊勢の奉曳車の場合はご用材を「天照大神」に献納するということで届け先を書いているということのようですが・・・?

 

笑門百態

     

   

 

 

宇治には少し変わったのがありました

   

 

鳥羽の笑門(蘇の字の四方向のハネが特長・・・風習としてはこちらが古いか?)

  

勿論、伊勢と同じ「笑門」もある。「笑門」と「蘇民将来子孫門」は半々くらいだった

鳥羽では笑門を付けている家は半分くらいで、伊勢より少ない感じだった

 

松阪の笑門(木札がないのが特徴ですね)

  

 

いにしえの昔、スサノオノミコトが根の国に行こうとしてミタワの国まで来た時に暴風雨に遭い困っているとその地の民の蘇民将来が助けてくれたのでミコトはそのことを大層感謝し、疫病が流行るからと忠告したので蘇民一家は難を逃れたと云う。そこで疫病除けなどのため「蘇民将来子孫の家」と札に書いて玄関に掛けるようになったのですが郷里伊勢では未だにその風習が残り、この注連飾りを1年中玄関先に飾っております。蘇民将来子孫の家の門を略して「将門」となりますが、悲運の武将、平 将門と同名になってしまうため、それを嫌って「笑門」と書くようになった。

年末には各氏神神社前やスーパーなどで売られますが、「笑門」と書いた物が「蘇民将来子孫家門」より多いと思います。簡素で「笑う門(かど)」という感じが受けているのでしょうか?筆で書いた物もありますが判子の物も多くあります。

 

笑門の起源について

二見町松下にある「松下社=蘇民の社」で発行した「蘇民将来子孫門」の木札が伊勢の発祥ではないかということですが、昭和63年二見町史によると、その木札は江戸時代慶安年間にもっとも流行し、近年すたれ、昭和50年代から復活してきたとの記述がありました。私は昭和50年代から復活してきたという記述には疑問を感じます。私が記憶ある昭和30年代には、すでにどの家でも笑門を掲げていたと思います。

 

昭和63年伊勢郷土史草第24号と平成元年25号「三重県下のしめ縄」(上下)によると、「笑門」は明治末から大正期に玉城町岩出の農家が書き始め、伊勢地方を中心に売り出した。「千客万来」は同地しめ縄業者が昭和30年頃から書き始めた、との記述があります。

また同誌には、1年中しめ縄を掛けている地域は津以南の三重県に限る、という地図が掲載されています。

 

久那戸之神 八衝比古命 八衝比賣命

河崎地区の村田家、小川家(現河崎商人館)ともう一軒あるようですが、写真のような文字が書かれた注連飾りが掲げられています。伊勢でも珍しいですね。何だろうという事で調べてみました。

久那戸(斗)大神は日本列島を産み出したイザナギ・イザナミの長男で、イザナギの命が黄泉国から戻った時の禊ぎ(みそぎ)の時に投げ捨てた杖から生れた神であり、その杖を衝立の様にして災害等を防いたことから、塞神(さえのかみ)・衢(=衝・巷・四つ辻)神(ちまたのかみ)・岐神(くなどのかみ)・道祖神など様々に呼ばれている。神体は石であることが多いが、峠・村境・分かれ道・辻などに祀られ、全国的に土俗の神として信仰されている。

また、八衝比古命(八衝比古神、八衝彦之神)、八衝比賣命(八衝比女神、八衝姫神、八衝比真之神)については詳細は分からないけれども、その衝立の「衝」の字が入っていることから久那戸之神とセットになっていると思われ、三神がまとめて祭神として祀られていることが多いようだ。

  これらのことから、国の境=物資の玄関口、物の流れの分岐点である『河崎』に災いが入らないようにとの願いが込められたものであろう。小西萬金丹家でも同様の笑門が掲げられていた。

 

伊勢と言えば「伊勢うどん」

私は子供の頃から食べていた近所の丸栄食堂のそれが好きだったけれど、先代店主が亡くなってから味が変わってしまったのが残念。友達と議論した結果、うまさについては如何に子供の時に食べた味に近いかで決まるようだ。私は素うどん以外の食べ方は邪道だと思っているけれども、友人の奥さんが、以前やっていた食堂直伝の玉子とじを作ってくれたが、それも格別でした。この2つ以外の食べ方はしたくありません。

 

御幸道路の石灯篭

既に古い話題ではあるけれど、最近、仲間内で話題になったので「御幸道路の石灯篭に彫られた六芒星」について調べてみた。

世の中にはユダヤとの関連説やフリーメイソン説があるようですが、神宮司庁昭和62年11月10日発行の「瑞垣」によると、あれら沢山の石燈籠は、昭和33年頃に設立された伊勢神宮献灯保存会が全国から寄付を募って800余基を建てたものであり、同会の初期には外宮・内宮・伊雑宮の三宮を結ぶ道に献灯するという目的で「伊勢三宮奉賛献灯会」を発足させたから、三宮を象徴して日・月・星を組合わせた印を設立者の石材店が考案したものだという。従って、ダビデの星とは偶然に一致しただけ。この種の問い合わせは同庁にしばしばあり、うんざりしているとも書かれているので興味のある方はご注意ください。なお、志摩の海女が魔除けとしている星形(五芒星)の印(セーマン)は魔が入れないように閉じた一筆書きでなければならないとされているので、六芒星は対応できず関係はないでしょう。

 

 

 

49回

平成29年(1)

2月17日(金)

22日(木)

仕事が多く帰省するのをためらっていたが、来てしまった。不要になったカメラ三脚とメトロノーム、購入依頼があったフルートを譲渡。ライブハウス「青い鳥」の常連のビッグバンドメンバーに不要譜面を届け、ついでに演奏。また、前立腺癌発見された従兄に、参考になるだろうと「前立腺癌闘病徒然草」と自伝作成のために既にまとめた「拙家家系図」を渡した。千枝さんの河崎での「歴史トーク会」、図書館主催の「古文書解読講座(正式名称知らず)」のフィールドワーク散歩に参加。図書館での宇治御師資料収集。その他、何時もの叔母の見舞い、中学ミニ同窓会でした。

ただ頻繁に帰省するものだから新鮮味がなくなり、相手にしてくれる人も少なくなってきているし、こちらも興味の対象が少なくなってきていて、時間を持て余すようにもなってきているので、今後の過ごし方に関して、新たなテーマを見つけるなど検討しなければならないかな?

48回

平成28年(6)

12月25日(日)

1月1日(日)

仕事がはかどり、やることがなかったので予定より早く来た。何時ものように、叔母の見舞い。ボケ状態は変わらず、悲しい。庭と墓の掃除。飯田さん・千枝さんと、また、世古さんとの忘年会はしたが、余りお誘いなく、暇を持て余し、次の2つの講座の原稿を執筆。伊勢志摩さいこう会が開催を予定している映画「うみやまあひだ」を鑑賞。例年ごとく、笑門を購入。大晦日は昼間、同級生と新年を迎える古市周辺の神社仏閣を散歩。夜は外宮で餅を焼いて年越しした。昼間歩き過ぎと心地よい酔いで、年越しそばも食べずにぐっすり就寝した。新年は、HPのアップやら、メール年賀状の発送やら、帰り支度の洗濯やら、例年通りの新年のスタートとなりました。

47回

平成28年(5)

11月17日(木)

21日(月)

今回は病院通いのために滞在を短くせざるを得なかった。20日(日)やまだ大学学習講座 「写真で巡る伊勢さんぽ−その2−月夜見宮から筋向橋」を新道テラスで講演した。親戚のおばさんやら知り合いが多く来場していただけた。終了後、いにしえの伊勢の山田さんと一月家で一杯。その他、あまり時間はなかったけれど、古市の資料館訪問、NPOさいこう会理事との懇談、何時ものミニ中学同窓会でした。申し訳ないけれど、墓の掃除(実家の墓には雑草はなかった)、叔母の見舞いは割愛させてもらいました。

46回

平成28年(4)

10月09日(日)

15日(土)

従兄弟を借りて事なきを得たけれども、家の鍵を入れていたはずが、カバンからスリ落ちていて慌てた。墓の点検、叔母の見舞いは何時もの通り。実家の墓は塩の散布で、それほどひどくはなかったが、叔母の墓は管理社からクレームがあったくらい、雑草が生い茂っていた。さらに塩の散布を行ったが?叔母の病状は前回通りで、呼び掛けに反応なし。会話がないのは張り合いがない。何時もの通り、歴史仲間の飯田さん、世古さんと、中学同級生と「いちし」で、カラオケも行った。前に行けなかった同級生と古市散歩を楽しみ、新道で一杯。新道の若者のお店も増えて、頑張っているぞ〜!休肝日も2日あった。16日(日)は娘と飛鳥で落合い、自転車でキトラ古墳や高松塚古墳なども見学。楽しかった。電動自転車に初めて乗ったけれど楽だね〜。娘におごってもらい、大いに飲んだ。ありがたや!

45回

平成28年(3)

6月16日(木)

23日(木)

墓の点検、叔母の見舞いは何時もの通り。塩を散布する除草テスト結果が良さそうなので2つの墓でも散布した。経過観察する。今回もスナック通いは止めたので休肝日があったけど、飲まないとやっぱり寂しいなあ!修理を頼まれたアルトサックスを届けたついでに『青い鳥』で演奏したが、慣れない楽器で演奏はひどかった。伊勢志摩さいこう会での古市活性化HP作成に関して現地有識者との打ち合わせ。ブラタモリ伊勢編で案内人を務めた方々の後日談義があり参加。やまだ大学で『古写真で巡る伊勢さんぽ-その1-』を発表、好評をいただき、その2もお願いされた。友人と大台町『清流茶屋』にて鮎三昧。何時もの同窓生と飲み会とカラオケ。同窓生も少し飽きたのか集まりが悪くなってきたなあ。

44回

平成28年(2)

4月24日(日)

30日(土)

墓の点検、叔母の見舞いは何時もの通り。除草のテストで友人に教えてもらった「塩」を撒いてみた。効果は?今回は何時ものスナック通いは止めたので、夜は自宅で一人で料理してのんびり飲んだこともあった。これまた一興。

伊勢志摩さいこう会メンバーとともに同級生宅の使い道について雑談や伊勢メンバーとの情報交換。伊勢が抱えている現状問題やこぼれ話を聞けて参考になった。今後の活性化案作成資料として銭湯や旅館の写真は撮影してみた。ライブハウス青い鳥で同窓会演奏。何時もの飯田さん、千枝さんらと河崎でヘベレケ。自転車で転んで擦り傷たくさん作りました。

伊勢志摩サミットが近いので他府県のパトカーが市内を巡回していた。

43回

平成28年(1)

2月19日(金)

25日(木)

墓の点検、叔母の見舞い、同級生との伊勢散歩は河崎、その後、「いちし」で何時もの同窓会。飯田さんのお供で河崎和具屋伝来の版画等を拝見。千枝さんの学生の壮行会に参加。飯田さん他、河崎の方々と懇親を深めることができた。今回は河崎憑いていた。古市ガイド用の写真撮影のため、虎尾山に再度登り、牛谷坂の『宇宙の秘密』碑の碑文を確認等々。徳川山から三郷山へブッシュ掻き分けハイキング。ビッグバンドフェス企画を外宮参道商店街に持ち込んだが、賛同得られず。反対に伊勢やまだ大学の講師を依頼され、引き受けることになった。昨晩のもんじゃパーティーでは、飲み仲間と伊勢復興案で激突。暫く、付き合いをやめるつもり。「人に尽くすのは自分のため」という表現が誤解を生むようだ。

42回

平成27年(7)

12月26日(土)

1月1日(金)

25日(金)に出発するつもりだったけれども仕事が入り、土曜日出発となった。新幹線は年末らしく混んでいたけれど、参宮線は大したことはなかった。みなさん、新年のお参りに備えているのか?到着早々、飯田さんからお誘いが!歴史研究者お二人を交えて、大いに飲み食いしました。その後は何時もの通り、庭木の大幅剪定・空き家の換気と墓掃除をして叔母と墓参り。温暖な天気に恵まれた。同級生と伊勢散歩2(「いちし」から虎尾山経由麻吉)とミニ同窓会(晦日らしく皆忙しい 参加者5人)。大晦日はJyugemさんと「いちし」から宇治まで歩き、22時頃に同級生と「いちし」に集合、外宮で年越し。どんど火で餅焼いて無病息災を祈願かな?(無宗教なので拝まず)。

「いちし」に戻って年越し蕎麦。昔食べた蕎麦と同じだったが、改めて、伊勢の蕎麦は伊勢うどんと同じで腰がないことを確認した。蕎麦通の関東人が食べたら、あれは蕎麦じゃないと言うだろう。でも、あれは伊勢蕎麦というジャンルであり、東京で食べる蕎麦とは違う食べ物だと理解している。僕は本当の蕎麦も伊勢蕎麦も好きです。ちなみに地元箱根の駅蕎麦は本物ではなく、「空腹満たし」というジャンルです。伊勢うどんも讃岐の人には伊勢うどんというジャンルであり、讃岐うどんとは別の食べ物だと何時も説明している。

元日に帰宅。ジパング倶楽部の3割引きが使えないので、久しぶりに近鉄急行で名古屋まで行き、何時もの通り、名古屋駅で「本物」の駅きしめんを食べて帰りました。

41回

平成27年(6)

11月19日(木)

25日(水)

普段、連休を意識していないのでまた、連休に行ってしまいました。連休だと孫が来て、友人が相手にしてくれません。一番の目的の庭と墓の除草をして叔母と墓参り。ボケは9月と変化なしかな?伊勢で最初に寺子屋を始めた山本源吾の顕彰碑捜索、発見出来ず。同級生と伊勢歴史散策(月夜見宮から宮川まで、小西万金丹と丸岡大夫邸見学)。飯田さんとJyugemさんがわざわざ伊勢に来ていただき昼酒。かなり飲みましたね〜。それ以外も何時も通り飲んだくれでした。帰りは急に寒くなりました。そこで2句。「寒くなり どて煮熱燗 美味くなり」、「伊勢離れ 寂しさ訪れ 寒さ身に染む」耕山居士。

あとは家系調査。伊勢で秋田姓は2008年の電話帳には8名がいる。その内、3名は実家と親戚。残る5名のうちのお一人とお会いできる機会があり、家系を教えてもらったが明確な繋がりは不明だった。また同級生仲間からの紹介で、伊勢では万金丹の製法を教えたという秋田城之介(秋田藩2代藩主実季)が伊勢に蟄居した時に住まいした朝熊町永松寺の前ご住職とお会いでき、実季に子孫があったかどうかをお伺いした。結論として、その後に続く子孫はなかったということで、私および伊勢の秋田さんのいずれもが実季の末裔という可能性は無くなった。

40回

平成27年(5)

9月18日(金)

24日(木)

前回は雨続きで湿っぽく、やりたい事も出来なかったので、再度、帰郷してしまった。思い立った時がシルバーウィークという聞き慣れない連休だったので、混雑を避けた。本当は自分のような老人のための連休だった(ようだ?)

今回は毎日快晴で気持ち良く、叔母を墓参りさせたが私の顔は分からない。でもお寺や病院の名前は思い出すようだ。その他、連休で帰省した孫や子供の相手をしなければいけない同級生は相手にしてくれず、栗拾いと図書館で笑門の起源調べ、鳥羽の笑門実態調査、何時もの居酒屋通いも含め、毎日飲みましたね〜。

39回

平成27年(4)

8月29日(土)

9月04日(金)

叔母の見舞いに来たが、私の顔がはっきりは判らないようだ。雨続きのため、墓の草むしりも出来ず、墓参りもしなかった。叔母宅もジメジメ、湿っぽいのは生活するのに辛い。

同級の従兄弟が防災の講演をプロデュースしたということで伊勢に来ていたので、いつものメンバーが集まり、プチ同窓会を開いた。これまた同級生の妹さんがルーツ探しをしたいという連絡を受けたので調査方法などを話し合った。関連して「神都製紙」を詳しく調査してみた。イギリス人で伊勢を研究するジョン・ブリーンさんが伊勢を散策するというので、宇治山田駅から古市経由猿田彦神社まで徒歩で道すがらの名所旧跡を案内した。同好の士と語り合うのは楽しい。

2か月ほど前から片頭痛に悩んでいたけれど、お酒の量とは関係なく、炭酸入りの酒が一因だと分かり、それを飲まなくなったら、また、少し前から風呂に頻繁に入るなどして体を温めた所、片頭痛しなくなってきた。これも伊勢神宮のご利益か?少しは信心を持つ必要があるかな?結果、大阪の神田さん他、彼の同級生と久しぶりの再会。居酒屋通いも含め、何時ものように毎日飲みましたね〜。

38回

平成27年(3)

7月18日(土)

24日(金)

叔母の病状が進んだ、庭の除草が必要などの事情で、暑い夏は避けてきたが帰省した。これからは毎月行くことになりそうだ。

叔母宅はカビだらけでジメジメした感じだったので換気はしたが、どこまでやれたものやら?その他、何時ものように、庭の剪定、隣家からのつる木の侵入排除、庭と2つの墓の除草。今回は墓の管理組合から除草の要請がきた。今までなかったし、それほどひどくなかったけどなあ?

「伊勢宇治山田市街図集」を友人に配布したぐらいで、探訪はなかった。暑いと何もできません。でも夜は元気で、何時もの中学同級生と「いちし」で、飯田さんと山田さんと四日市で再会、「青い鳥」で土・木とも演奏、居酒屋通いも含め、何時ものように毎日飲みましたね〜。

37回

平成27年(2)

5月15日(金)

21日(木)

前回の続きで途中下車して県立図書館で、「三重県商工案内大正11年版」の電話番号データをパソコンに入力、完了した。何時ものように、叔母宅の庭と墓掃除。古市資料館で「宇治郷之図」を、伊勢図書館にて地図を数種類入手。帰宅後、今まで入手したものを合わせ、「伊勢宇治山田市街図集」としてまとめるつもり。叔母が脱水症状で救急車で運ばれる騒ぎがあったが、何とか回復。でも、ボケが進み、私も分からなくなってしまった。

日の出館繁盛記の本を同家ご長女石川さんから入手。バリアフリー化の効果と書いてはありましたが、同

時期に担当された支配人の力が大きかったのでは?と想像しています。あとは何時もの、飯田さん、中学同級生、居酒屋通いも含め、何時ものように毎日飲みましたね〜。

尼辻交差点に初めて今世古橋の欄干が!

同時に会合橋、一之木橋の欄干も造られた。

36回

平成27年(1)

2月17日(火)

23日(月)

途中下車して県立図書館で、「三重県商工案内大正11年版」の電話番号データをパソコンに入力したが半分程度に留まった。残りは次回。鈍行で伊勢に帰ったので前回に引き続き、山田上口で下車。相変わらずなかなかの秘境駅です。河崎商人館で昭和2年、25年、29年の商工案内や電話帳をコピーさせてもらった。有難い!松阪資料館で「続藩札と羽書」企画展を見学。その後、伊勢にて、松阪資料館の村山館長、「続藩札と羽書」の図録執筆者の千枝さん、伊勢市史執筆者の辻村さん、それと何時もの飯田さん、前川さんと伊勢の歴史を肴に大いに歓談しました。その他、叔母と墓参り、亡くなった恩師宅へ弔問、「青い鳥」で演奏、中学同窓生と、居酒屋通いも含め、何時ものように毎日飲みましたね〜。急に暖かくなり、花粉初日を迎えました。

35回

平成26年

12月25日(木)

平成27年

1月1日(木)

前回、行けなかった県立図書館に寄って、調べていた資料が「三重県商工案内大正11年版」であることが分かったが、ページ数が多く、コピーが出来ないので、次回にパソコンを持ち込んで記録することにした。図書館で落ち合った何時もの飯田さんと夜は松阪で、わざわざお付き合いいただいた松阪資料館の村山館長、杉山学芸員と会食。翌日以降は、元さいこう会の岡田さんと、飲み屋仲間と、大阪から駆けつけてくれた神田さんとその同級生らと、忘年会でした。もっと、いろんな方々とお付き合いするつもりでしたが、途中で飲み過ぎ?食中り?原因不明ですが、おなかの調子が悪くなり、飲めなくなってしまいました。今回最大の目的であった大晦日未明の外宮どんどん火で焼いたお餅を楽しみにしていたのに、何もやる気起らず、休養を重ねてしまいました。大晦日はかろうじて、「いにしえの伊勢」の山田さんと外宮前周辺を散策しましたが、快復後の良い散歩になりました。無理せず、今回は帰ります。

  第34回

平成26年

11月17日(月)

20日(木)

古市参宮資料館の特別展「御師」が12月20日までというので、急きょ、観覧のため帰りました。内容はよくまとまって解り易かったです。私が作図した三日市大夫邸の平面図も使ってくれていました。神道博物館で皇学館大学の卒業展示観覧。県立博物館で三日市大夫邸の模型展示も飯田さんのご案内で観覧。今、検討中の伊勢電話番号の資料を探したかったので図書館に寄りたかったが、本の整理日で休館中!残念でした。その分、飯田さんから資料をいただいたり、借用できたり。何時も有難うございます。その他、叔母宅の雨戸の補修、庭と墓の除草剤散布。それと何時もの飲んだくれでした。

33回

平成26年

10月12日(日)

17日(土)

伊勢に帰る途中、四日市で下車し、友人の画伯・世古さんの個展最終日を鑑賞しました。昼間からの個展開催記念パーティーを二人だけでウオッカを煽り、祝いました。最新作「御師平面図集」を古市資料館、図書館、文化振興課、伊勢うどん「いち志」や飯田さんに寄贈。夜は何時もの居酒屋と、飯田さんや友人と飲み続け、同級生が集まり最近恒例になってきたミニ同窓会を、ライブハウス青い鳥でテナーサックスの演奏を!最近、恒例のパターンになってきました。勿論、おばを墓参りに連れて行きました。少し、ボケが進んでいる感じだが私の事はまだ分かるようだ。前回来た時に撒いていった除草剤が効果てきめん!草が殆ど生えていませんでした。どの程度の効果があるか調べるために今回は除草剤は撒きませんでした。

32回

平成26年

07月14日(月)

20日(日)

暑い夏を除く、と思っていたのですが、望郷の念が募って押さえ切れず、暑さを覚悟して行きました。予想通りの暑さで何もやる気がせず、夜の飲み会以外は比較的涼しい部屋で眠り続けるといった有様でした。

久しぶりの神田さんとその友人・何時もの郷土史仲間・同級生と飲み、記憶がある限りでは見たことがない宮川の花火を豪雨の切れ目で飲み友達の家の屋上から眺められました。先日から行くようになったライブハウスでテナーサックスとクラリネットを演奏。伊勢置きのクラリネットは吹き辛いことが分かったので、調整のために持ち帰りました。あとは草ボウボウの庭に除草剤を撒きました。初めて使ったので秋の訪問時にどうなっている事やら?

31回

平成26年

05月14日(水)

20日(火)

暑い夏を除く2ヵ月に1度くらいの伊勢探訪です。相変わらずの叔母宅や2つの墓の草取りと叔母との墓参り。今回は依頼があって、奈良の中学校の臨海学校夜の講座で「伊勢の鉄道」の講師を務め、初めて答志島訪問。漁師町の細い路地を堪能しました。講座は無理やり奈良と伊勢の結び付きを出したので寝る生徒が出ませんでしたが冷や汗ものでした。遠縁と知った同級生とルーツについて語り合い、墓誌を確認。5代前の分家だと判明。ライブハウスに使っていないテナーサックスを修理して寄付するついでに演奏。伊勢に残る最後の「丸岡御師邸」の見学。杉本屋平面図を古市資料館に納品。珍しく鳥羽探訪して昼ビールを楽しむ。旧友宅の有効利用方法について議論、無くなった自転車の購入。旧友10人と何時もの談笑。そして何時ものスナックに入り浸り、かなり忙しい、けれども楽しい毎日でした。忙しさのついでに何十年ぶりに風邪をもらいましたが、イソジンと葛根湯攻撃で休みなく動き続けられましたが、自宅に帰って1日、休養しています。

30回

平成26年

03月04日(火)

09日(日)

8日(土)中学校同窓会出席の為、前乗りしました。同窓会での演奏を頼まれたので、それのリハーサルと本番演奏。伊勢市駅前のライブハウス「青い鳥」でも演奏しました。みなさん、演奏は褒めてはくれますが、自分ではかなりデタラメ吹いていると認識しているので、もっと勉強しなければとは思っています。何時もながら郷土史仲間と一杯やり、夜は酒浸りの毎日でした。同窓会では前から気になっていた、たった一人の同姓の同窓生に会えたので我が家のルーツと関係があるか尋ねてみたら、遠い親戚らしいという事でしたが詳細不明。ルーツ解明のキッカケになるかも知れず、再会の楽しみが増えました。また同窓生の従弟に数十年ぶりに会え、帰りの電車で偶然にも再会。久しぶりに長話ができてうれしかった。たまたま御師丸岡大夫邸の前を通ったら、少し改築されていたのと、珍しく門が開いていました。特定の人たちに公開するということでしたが、4月には一般公開もするらしいので次回は是非訪問しようと思います。また別の同級生は私の研究に興味を持ってくれて、一緒に何か出来ないかと云ってくれているので、伊勢に帰る楽しみが次々出来、うれしい限りです。もちろん叔母を墓参りには連れて行きました。

29回

平成25年

12月27日(金)

平成26年

01月05日(日)

万金丹の製法を教えたという秋田城之介、秋田實季の墓があると知り、朝熊町永松寺を訪れました。我が家とは関係なさそうです。

昨年同様に外宮の新しい正殿前のかがり火でお餅を焼いて食べながら年を越しました。あまり寒くなく穏やかな正月となりました。

元旦と2日は誰も誘ってくれず休肝日となりましたが、その後は郷土史仲間や同級生と飲み続け、最後には記憶なくなり愛用の自転車が行方不明になってしまいました。叔母を墓参りには連れて行きました。

28回

平成25年

10月17日(木)

23日(水)

従兄のテノール歌手が主催したオペレッタ「こうもり」を観光文化センター(伊勢では観文と言っていた)にて観劇した。

御師大研究中間報告」を増刷したので伊勢図書館や同好友人4名に配布。久しぶりに叔母を墓参りに連れて行けたのが良かった。旧友のギターとの新しいコラボができたが、来年3月に開催される同窓会で演奏出来たら嬉しいなあ?最近は新発見なく、探訪は一休みかな?

27回

平成25年

10月01日(火)

08日(火)

友人の画家の個展応援のため、伊勢現代美術館にで、ピアノの旧友と私のクラリネットでライブを行った。伊勢新聞にもお知らせが掲載されたこともあり、当日は70名ほどのご来場があり、ご好評いただいた。

暑い夏を避けての4ヶ月ぶりの伊勢でしたが、まだまだ異常な暑さが続いていたが、ライブのリハーサルや庭と墓の草むしりで過ごした。

御師大研究中間報告」がまとまったので、同好友人2名に差し上げた。

26回

平成25年

6月13日(木)

20日(木)

叔母家の庭の立木が生い茂りあばら家の体を成してきた。介護施設から家の仏壇への参拝をさせるとその庭を通るが、そこが荒れていると叔母が悲しそうな顔をするので、手入れできなかった前回は墓参りと仏壇参拝をさてやれなかった。今回はまずはそれが目的だった。友達に手伝ってもらい軽トラ4杯分を剪定。めでたく叔母を墓参と一時帰宅させられた。

次の目的は古市資料館で開催中の掛軸展の鑑賞。こちらもめでたく盛況だった。手伝ったお礼の祝杯を、同じくお手伝いをした版画担当の飯田さんと館長と当然ながら女性無しであげた。その来場者の掛軸愛好家、玉城町の飯嶌さん宅でコレクションを拝見させていただきました。小さな輪が少しずつ大きくなっています。また偶然同時期に伊勢参りに来た東京の同級生を案内、小学校同級の女性に囲まれた同窓会、ただ酒目当てに何時もの飯田医師ともぐりで医療セミナーに参加、小坡美術館の副館長・神宮博物館の学芸員の方との談話、そして毎日スナック通い。休みのない訪問でした。

25回

平成25年

4月19日(金)

25日(木)

友人たちに病気の事で心配を掛けているので快復報告の為に帰りました。小俣市役所支所で開催中の商業チラシ展で昔の我が家のチラシを見させていただきました。掛軸展を企画している古市資料館の世古館長の資料作りのお手伝い、従兄の乾燥機の修理は完了。夜は何時もの飯田さんの紹介で松阪資料館の館長さんらと会食し交流が深まりました。それ以外に辻村さん、同級生、昔の仕事仲間と飲み続け、さらに相変わらずのスナック通い。今回はクラリネットを持って行ったので各会で演奏をご披露しました。今後はクラリネットは持参必須か?叔母宅の庭樹の剪定が出来ず、次回はやらねばならない。墓の草取りはやったけど何時も通り結構大変だ。

24回

平成25年

2月13日(水)

20日(水)

叔母の療養施設引越しの手伝いで行ったついでに、何時もの飯田さん、山田奉行所の辻村さんらと楽しい会食。参宮資料館で次回の掛軸展の打合せ。i-padによる伊勢観光ソフト開発の雑談。従兄の家業で使用している乾燥機の修理。夜はスナック通い、旧友とも飲みました。盛りだくさんで、肝臓?膵臓?が疲れた。図書館で御師の資料を収集ほぼ完了か?あとはまとめるだけなのですが・・・。

23回

平成25年

1月17日(金)

20日(日)

私用で伊勢に帰ったついでに、世古さんが保存をお願いしてくれた県立図書館と同博物館それぞれに著作2冊2部ずつを、飯田さんにご案内いただき納めてきました。これで益々何時死んでも良い状態になりました

22回

平成24年

12月26日(火)

1月4日(金)

忘年会のお誘いが多くあり出掛けました。早速古市の麻吉で忘年会。伊勢で就職した旧知の友人や中学校の旧友達から毎日お誘いがありました。楽しいですね。すっかり飲み屋スナック通になってきています。

前回の簡易製本本は改訂したのと増刷の希望もあって何冊か増刷した。伊勢古市参宮資料館世古館長が声を掛けてくれて伊勢の図書館に寄贈できた。これで何時死んでも伊勢で名前は残るので安心しなさいと言われています。また歴史資料を閲覧したかったので市役所の文化振興課に行った際に寄贈しました。前からHPを参考にしていただいているようで、喜んでいただきました。伊勢での年越しは久しぶりですが、コンビニは無休だそうなので飢えなくて良さそうです。

21回

平成24年

10月24日(水)

25日(金)

前から行きたかった「鈍行列車の旅」を経て、短期間でしたが伊勢に行きました。お土産に、これまでHPで掲載している「近世伊勢参宮名所図会」や「伊勢度会近世名軸図鑑」をプリントして簡易製本したものを伊勢古市参宮資料館世古館長と飯田さんに届け、喜んでいただきました。

飯田さんからは大正時代ほかの貴重な地図をいただき、これまで知りたかったことが明白に分かりそうで感謝しています。

やっと終わったと思ったら御師帳のデータは抜けていることが分かり不足分を入手。分析のやり直しをしなければならず、やれやれです。

毎回行くたびに2つある墓所の草むしりをするのですが、結構辛いですね。

20回

平成24年

09月01日(土)

06日(木)

探訪が目的ではなく、叔母が入所している保健施設の納涼大会が催されるため入所者の介護人が必要という事で帰郷した。暇つぶしに入った飲み屋で中学の同級生に偶然出会い、発展して数人の同級生と50年ぶりに再会しました。また四日市に仕事が出来た東京の高校の同級生が伊勢に立ち寄ってくれて、考えてもいなかった同窓会の毎日になりました。

それにしても伊勢にはスナック的な飲み屋が多いですが、何故、繁盛とは言えないまでもつぶれないか(一時期に比べると随分少なくなったようですが)という事を考察してみると、伊勢の男性は夜、暇を潰す方法を知らないためにそういう所に行くしかないように思いました。それに伊勢の女性が綺麗なのも大きな一因かも知れません。美人と言えば・・・。今回初めて気が付いたのですが、県民の足、近鉄急行に乗ってみると、近鉄名古屋駅から既に小顔の方が多いように感じました。この小顔が美人の要素の一つに違いありません。

19回

平成24年

8月06日(月)

11日(土)

暑い夏に伊勢に行くのは止めておきたかったけれども、伊勢古市参宮資料館世古館長が努力されて「伊勢の旅館」をテーマに特別展を開催したので、行かずばなるまいと重い腰を上げました。「麻吉」の門外不出の特大お盆、友人が経営していた頃の「すし久」の大時計、八太(ハタ)宿飯田さん収集の引き札、いにしえの伊勢Jyugemuさん収集の絵葉書、同館長力作の展示パネルなど、とても素晴らしかった。私も伊勢の博物館の館長になりたいですね〜。給料は要りませんので何とかなりませんか?

別日、伊勢を愛する友人、画人米室所縁の神田さんとその同窓のみなさん、Jyugemuさん、飯田さんらと楽しく伊勢談義で懇談。

また、昭和17年製作の映画「翼の凱歌」(戦闘機“隼”の開発記。戦前の我が家が出てきます。)に出てくる建物が今でも明野の航空学校に残っているという話が出たので、神田さんと飛行機の設計をしていた巽さんと確認しに行きましたが発見できず。隣りの工場に無断で立ち入ってしまいお叱りを受けました。後の調査でそれは「将校集会所といい、現存しているという事が分かりました。

18回

平成24年

6月16日(土)

21日(木)

10年ぶりという6月の台風4号に遭遇。拙宅から物置が倒れたとの連絡あり。風、雨ともにすごかったですね。今回は「実家の宗教、神道は何派?」、「御幸道路に立つ石燈籠の六芒星は?」という疑問を調査しました。

「実家の宗教、神道は何派?」については父母の葬式で御世話になった「祖霊社」で聞いたところ、「祖霊社」(実家)の神道には教派というものはないということだった。伊勢には独特の神道が形成されてきた歴史があるけれども、強いて言うならば、(伊勢)神宮系神道と言えるのかも知れません。ではどんな教えがあるがというと、よく分からないのが神道ですね。

17回

平成24年

4月23日(月)

27日(金)

前述『ビッグバンドフェスティバルin伊勢』について後援いただけるように、山本さん川北さんに同行して伊勢市長に説明しました。市長は若いですね。新しく開館した「せんぐう館」に行ってきました。内部に設置された外宮正殿の模型は圧巻でしたが、全体の建物はどうも?徴古館じゃダメなんでしょうか?でも外宮参道に人が来るようになると良いですね。

16回

平成24年

2月14日(火)

20日(月)

NPO「伊勢志摩さいこう会」町屋プロジェクトの町家ワークショップが河崎商人館で開催され、スタッフとして参加。八太(ハタ)宿の飯田さんを河崎を案内。米室所縁の神田さんと河崎の虎丸で一杯。河崎三昧でした。ジャズフェスティバルの実行について自利利他の山本さんと興味を持ってくれた川北さんが話を聞いてくれました。実家そばの「尼辻」の語源かも知れない「霊巌寺本堂」の遺構を大世古踏切そばで発見。感激しました。

15回

平成23年

12月27日(火)

31日(土)

今年の後半は珍しく仕事で伊勢の調査は進まず、何の準備もなく来てしまいました。神宮のお膝元ですから伊勢の方々は年末は皆さんお忙しいのは当然ですが、そん中、奇特にも自利利他の山本さんが私の意見を聞いてくれましたし、いにしえの伊勢の筆者Jyugemuさん、八太(ハタ)宿の飯田さんとも情報交換などをさせていただきました。ただ、図書館なども年末閉館となり行く所も無くなり、墓参りして帰りました。

14回

平成23年

10月09日(日)

14日(金)

新しい発展を望んでNPO「伊勢志摩さいこう会」という組織に入会したことで、伊勢の町屋調査プロジェクトの現地調査のために伊勢を訪問。担当した中島地区の古い建物は友人宅も含め、佐々木さんという棟梁がほとんど立てたということが分かりました。

また、そのついでに何時もの探訪もしてきました。いにしえの伊勢の筆者Jyugemuさんが所在地が分からないと言っていた「曽祢町の柳屋旅館」が今では同名の喫茶店になっていることを発見したり、古市「備前屋」の蔵が住宅に改造されて現在でも、象徴的な牛車マークを刻印した瓦が使用されているのを発見。なかなか充実していました。

13回

平成23年

5月23日(月)

27日(金)

土日千円のETCを利用して帰りました。7月になったらなくなるのでしょうか?前述の飯田さんからいただいた「小柴富久子著 清雲院考-所在地の変遷とお夏の方-」(伊勢 郷土史草 平成22年 伊勢郷土会発行)にはまってしまい、今まで関心のなかった江戸時代の伊勢の地図の調査をし始めました。今まで明確でなかった御師の所在地やその遍歴などがはっきりしてきています。いずれまとまりましたら発表させていただきます。

12回

平成23年

4月25日(月)

29日(金)

土日千円のETCを利用して帰りました。前回お会いした飯田さんとそのお友達、古市参宮街道資料館館長さんと歓談させていただきました。最近、再び調べ始めている「御師」の資料探しに終始しました。

11回

平成23年

2月22日(火)

25日(金)

伊勢古市参宮街道資料館で開催中の22年度企画展「伊勢歌舞伎」を観に行きましたら、初瀬街道の旅籠を研究されている、同街道沿いの八太(ハタ)宿にお住まいの飯田さんとお会いし、情報を交換させていただきました。また楽しい輪が広がり、喜んでいます。

10回

平成22年

12月16日(木)

21日(火)

伊勢在住の「伊勢志摩さいこう会」の方々に同様の講演をさせていただきました。また「さいこう会」主催の「伊勢の町屋再生 ミニファーラム&公開展示」を聴講させていただき、友達の輪が拡がりました。さらに今回は都合よく会いたい友人たちにも会う事が出来、飲み過ぎました。

 

平成22年

9月15日(水)

  「ふるさとを離れて住むわたしたちに、伊勢志摩のために何か出来ることはないだろうか」をスローガンに、伊勢志摩地方出身の東京在住者を中心に2004年に発足したNPO「伊勢志摩さいこう会」からお誘いがありましたので会議を傍聴させていただきました。今月は町屋の実測調査をされるそうですがみなさん本当にまじめに取り組まれていることが理解できました。

  帰り掛けに理事長を含む3名の方と一杯いただきましたが、飲んだ勢いで普段の考えを暴言してしまい、遂には11月に「女郎の作った町」(題名がちょっと暴言が過ぎて申し訳なく思っていますが、その時の勢いで、こうなってしまいました。)と題して、勢いのあった明治時代の伊勢の歴史について話すことになってしまいました。11月11日(木)永田町都道府県会館にて講演

9回

平成22年2月20日(土)〜22日(月)

8回

平成21年

8月3日(月)

7日(金)

これまでは一人で探訪することが多かったのですが、今回はブログ「いにしえの伊勢」Jyugemuさんに始めてお会いして、古い絵葉書の真贋を確認するために雨の中を歩き回ったり、名古屋で宇仁館ゆかりの方にお会いしました。  また、掛軸繋がりで伊勢の画家 水溜米室ゆかりの神田さんとそのお友達にも初めてお会いし、歓談させていただきました。伊勢を愛する方は良い方ばかりでした。

7回

平成21年01月15日(木)〜19日(月)

6回

平成20年05月05日(月)〜08日(土)

5回

平成19年11月12日(月)〜17日(土)

4回

平成19年08月13日(月)〜15日(水)

3回

平成18年12月30日(土)〜31日(日)

2回

平成18年11月25日(土)〜26日(日)

1回

平成18年10月14日(土)〜17日(火)

 

那戸大神:参考文献

古代出雲の秘密 http://sanpomichi114.web.fc2.com/izumo.html

万葉集 柿本人麻呂と高市皇子 http://blogs.yahoo.co.jp/dokatakayo

伏見稲荷神符20出雲大社の謎・西を向く神座

http://blog.goo.ne.jp/kotodama2009/e/1fbc2ee6ae71cffc006cf0e4be055556

 

 

トップページにもどる

 

 

 

あなたは  人目の訪問者です
本日  昨日