レコード・バー繁盛記

2018年6月19日更新

最近、突然、気が付いたのです。(1)空き家の叔母宅があるが、それは田舎で一番流行っている飲み屋の前にあり、飲み屋をやるには適地であるし、文房具屋をやっていた店舗も広さもある。(2)中古屋に売り払う寸前だった、長年持ち続けた700枚くらいのレコードもある。(3)やりたかったPAの仕事もやってみて満足したので廃業したが、それらのオーディオ装置も使わないので処分を考えなければならなくなっていた。(5)それ以外だって周りを見回せば不用品だらけで日常、動き難い。(6)さらに飲み屋を廃業したばかりの女将もいる。そんな不用品を活用したら、田舎でお客が好きなレコ―ドを自ら再生して楽しむ『レコードバー』がやれるのではないかと!

ということで、不用品が活用できて出費が極少ならばやってみようと考えた。町興しをやろうという大それた考えはないけれど、こんなお店がシャッター通りと化している田舎の商店街のたまり場になったら、少しは田舎に貢献できるかも?という思いもあるし、こんなお店をフリータの息子に見せることで自活の道の礎になったら誠に素晴らしい。やってみてダメでも、最近、レコ―ドを楽しむ時間もないので、田舎に帰った時の自分のリスニングルームとして活用するだけでも良い!現在の自宅が広くなる、叔母宅も空気の入れ替えができるし、叔母の意志通り、家の存続もできる、等々、やってみて大きな損失はなさそうなのでスタートしました。

使っていないものを有効利用してお金を掛けないことを基本として、やりたいですが・・・・、

元来、ガラクタ集めが趣味、何でも捨てない、仕舞い上手な性格なので、2度の運搬でもまだまだ出てきます。それらの活用も考えたいけれど、全てを並べてみると古道具屋の体をなしてしまうので、取捨選択は必須でセンスが問われます。

それでもお金を掛けるべき所は掛けなくちゃ〜ね!2018.06現在

 

 

 

   機材運搬費

  181,653

 

 

 

   造作建材・資材、工具類

197,095

 

 

 

合計

378,748円

 

 

 

 

平成30年6月度 保健所対応の設備等はほぼ、完成した。7月には申請し、許可を貰えれば、いよいよ開店できるが?開店するためには、

1)出入口ガラスに目隠しシート(あと半分)、2)出入口ガラス戸に防犯設備、3)客席椅子3台追加、4)都市ガス供給(配管の交換が必要なければ良いが?)、5)浄化槽点検、6)レンジの防火壁、7)屋内電気配線絶縁試験、は必須かな? さらに営業的に上手くいくようなら、

1)屋内電気配線交換工事(極めて古いのでやらなければならないが高い)、2)トイレへの雨除け庇製作、などかな?

 

 

元大型紙棚を撤去→大きな穴が→耐水化した

壁面の化粧合板は余っていたのを再利用し追加1枚購入

床材は友人がリノリューム端材を提供

 

キャッシャーカウンタ壁も友人提供のリノリューム端材を貼る

耐水化ができたので、ここを台所とすることもできる

 

 

   

ガスレンジに換気にフードが必要、古いブリキの衣装ケースを加工設置

レンジの防火壁は必要かも?

排水管にトラップ

台所壁は必耐水で襖を棚で隠す

 

耐水製のない合板壁に塗装

エアコン交換最高の買い物!

出入口の全面透明ガラスが敬遠

100均・目隠しシート半分貼る

トイレに棚 トイペが見えると安心

 

平成30年5月度  保健所規定設備にするために、シンクの2槽化と客用手洗器の設置、環境整備を行った。

2槽目のシンクはオークションで入手し、ポイント円で支払ったために無料とはなったが、水道栓2系統化の配管類には12,291円掛かった。高価!

客用手洗器の設置は、手洗器もオークションで入手。送料込み4,290円。給水・排水配管部品等で5,508円、手洗器込みで9,798円の出費であった

次月で台所の床や壁の耐水化工事を実施できれば、何とか保健所の許可がでる状況になるのではないか?また既存のエアコンはリモコンを修理して動作はするようにはなったけれど、あまりに旧式で取替えの要あり。

 

既存の家庭用シンクの2槽化 改造前後

 

  

床下の水道配管が折れ、接続に苦労した 改造前中後

 

台所用手洗器の環境整備 洗濯機の移動

 

平成30年4月度

お店を友人に紹介するためプレオープンパーティーを開催し、多くのご来店とご協力やお祝いなどもいただき、誠に有難うございました

大変、楽しんでいただけたようですが、今後についてのご意見も伺いました

皆様がお持ちの『ジャズ喫茶はこんな感じ』という印象からは文具店の雰囲気を残していますので多少なりとも違和感があるようですが、留守宅を守り、利用している私にとっては、叔父叔母が努力して営業してきた文具店の証を少しでも残したいと考えていますので、今後共、ご理解いただけたらなあ?と感じています

 

10年ぶりくらいにシャッターが全開

病床の叔母も喜んでくれたのではないでしょうか?

デイスプレーも外から撮影しました

大勢ご参集いただき

大変、賑やかでした

レコードを楽しんでいただけた方も

いらっしゃいましたが?

 

平成30年3月度

大体の整備は完了かな?営業する

には保健所の指導に従い、

シンクの2槽化などが必要となる

(写真は撮影のため蛍光灯を点灯)

ソフト面の課題は多く、

営業は簡単ではないなあ!

供給電力を10A40Aに変更

  

                ショーウインドウ            ショーウインドウ裏

 

蓄音機ラッパ照明とメニューボード

ドリンク用冷蔵庫とコーヒーメーカー

庭のトイレに案内灯

マイク保管庫

 

コーナー前の目隠し

取り外し出来ない商品棚

左側面 文房具棚のガラス戸撤去

マイクワイヤ保管庫

 

背面 レコード棚と文房具

カウンタ越しの正面

視聴席

レコードプレーヤとスピーカー

 

平成30年1月度

写真では変化は少ないけれど、台所とお店の通路、後方左にあった大型サイズ紙棚の廃棄は前回、整備。今回は、同棚床のレベル合わせとその前の棚の目隠し(丁度、倉庫にあった壁材を使用)を施工。

 

もらったカウンタを設置

 

 

 

 

 

 

 

平成30年1月18日(木)

2回目のレンタカー。オートバイのモンキーも!早速、買い手が現れた。

古時計3台、看板にするバリトンサックスも、奥座敷で碁会所でもと思い碁盤・将棋盤も、兎に角、使っていないものは何でも・・・、今回も満載だったが、まだあるなあ?

 

 

 

 

平成30年1月2日(火)

取り敢えず、ざっと並べてみた。早速、友人から、廃業したので不要なカウンタがあるということで頂いて置いてみた。使えそう?スポットライトでボロ隠しするつもり。点灯しない天井の蛍光灯の見栄えは何とかしたいなあ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

平成29年12月25日(月)

初回機材運搬

ワンウェイのレンタカーで、レコード700枚位、スピーカー6台・アンプ類10台くらいのオーディオ装置、ソファ1台、飾り、など、まずは思い付く物を運んでみたが、予想外の量で一度では運びきれないことが分かった。

 

 

 

 

平成29年10月 現 況

叔父が亡くなって、健康維持のために引き続き開店していた文房具屋は、叔母の骨折入院によって廃業することになった。多分、数百万円の価値があったと思われる商品の買い手はなく、恩義あるはずの同業者からも見放されたために、海外の子供達のために寄付などをして処分を図ったものの、まだ少しは残存していて、捨てるに忍びない。商品棚や帳票類など、欲しい人には差し上げながら、処分していきたい。

 

 

 

 

トップページにもどる

あなたは  人目の訪問者です
本日  昨日