さわやかに・・・壮年の主張

壮年でなければ云えない含蓄のある主張を展開して,いろいろ意見を交換しましよう。

2019年8月1日更新

あなたのご意見を壮年の主張のページにお寄せ下さい。
このページにあなたのご意見を掲載しても良い方は
『掲載可』と本文に記入して下さい。
投稿を希望された場合はページ更新時に記載致しますので、大いに議論しましょう。
宛先は 
koji.akita@nifty.com までお願いします。

字が小さい場合は<Ctrl>+<+>ボタンを押すと全体文字が大きくなります。
小さくしたい場合は<Ctrl>+<−>

1998年版 1999年版 2000年版 2001年版  2002年版 2003年版 2004年版

2005年版 2006年版 2007年版 2008年版 2009年版 2010年版 2011年版

2012年版 2013年版 2014年版 2015年版 2016年版 2017年版 2018年版

編集後記(2019年8月号)

7月末のアクセスカウントは148,051でしたので、7月のアクセス数は<1,236>カウントでした。

妹が56歳で亡くなって今年は13回忌となり、8月初旬にはその法要が行われる。8年間の植物人間状態を続けての最後だったので、入院したのは50歳前だった。これから家族で楽しい生活を送ろうとしていた矢先だったので、それも出来ずに本人が一番残念だっただろう。改めて冥福を祈りたい。

エッセイその327:猛暑万歳

なかなか暑くはならなかったけれど、梅雨が明け、急に猛暑が到来した。途端に、都会の女性たちの肌の露出が多くなった。男性の僕にとっては誠に結構な話ではあるけれど、露出が多くなるのは、女性は男性と違って体温が低い、あるいは高い性で暑さを男性以上に感じるから熱の発散のために肌を露出しなければならないのか、それとも、暑いと単にセックスをアピールしたくなるのか?どういう理由なんでしょうね?

アメリカの議員には女性が多いけれど、TVで視ていると、彼らの服装は大きなネックレスと金色の大きなピアスにハイヒールと長くないスカート姿が多いように思う。それに、きちんとしたヘアセット、眼の化粧、赤い口紅、これぞとばかりに女性をアピールしているように見える。男女平等を謳い上げながら、このセックスアピールは必要なものだろうか?日本の国会でズボンを履いた女性議員を見たことがあるか?女性議員が短いスカートで年老いた男性議員たちにアピールをするらしいことを聞いたことがある。着飾るなとは言うつもりはないけれど、男はねずみ色の背広に身を包んで貞淑(そう)にしているのだから、それに準じた服装で政務に励むべきではないのだろうか?仕事をするに相応しい身なりというものがあろう。

最近は耳に孔を開けることは男女ともに抵抗がないらしく、男性もピアスをする人が多くはなったが、あれは嫌いだ!何が嫌かはわからないけれど、少なくとも知的には見えない。従って、男女を区別するつもりはないけれど、女性がTPOもわきまえず、必要以上に巨大な耳飾りをするもの嫌いだ!そんなに男をたぶらかして何をするのか?その力で世界を清く正しい循環社会に早く作り変えてもらいたい。

編集後記(2019年7月号)

6月末のアクセスカウントは146,815でしたので、6月のアクセス数は<1,389>カウントでした。

寝ていて汗ばむようになってきた。梅雨本番なのだろうけれど、また豪雨ですね。G20が大阪で開催されたけれど、何か決まったのかなあ。温室効果ガスや廃プラの問題など待ったなしの危機的な状況なのに、集まっただけって感じだった。もうすぐ交代するドイツのメルケル首相やイギリスのメイ首相と今、話し合っても効果はないだろうし、アラビアのムハンマド皇太子は安倍総理の隣で存在感を示していたけれど、この間まで、記者を殺害した首謀者って言われていたんじゃなかったっけ?

エッセイその327:日米安保

日米安保の見直し論がトランプ大統領から出ているけれど、安保闘争で学生がデモやっていたのは第一次が昭和34〜5年、第二次が昭和45年だったそうだ。私は丁度、中学に入学する頃と大学を卒業する頃だった。大学生の頃、学生紛争が盛んだったけれど、その論点は安保だったのか?忘れたなあ。

改めて振り返ってみると、東大の安田講堂に立てこもった騒動は1969年(私は21歳)だった。1970で期限の切れる日米安全保障条約の自動延長を阻止・廃棄を目指すのが目的で、これに伴い学生によるベトナム反戦運動・第二次反安保闘争が活発化した。それに加えて、学生側は授業料値上げ反対・学園民主化などを求め、医学部では無給の奴隷待遇に反対する通称「インターン闘争」が行われた。そう言えば、医学部の待遇改善の議論をしたことがあったことを思い出したが、それらに深く、関係したことはなかった。自分はいわゆるノンポリ学生だった。状況はそれほど変化しているとは思えないけれど、あの時、闘争をした学生達は日米安保にあれだけ不安を感じたのに、現状では感じないのかなあ?

トランプさんが折角、言ってくれているのだから、この際、条約を破棄して、全ての米軍に出ていってもらって、効果が疑問視されているイージス・アショアも買わずに、1機約1億ドルもするステルス戦闘機もキャンセルしてみたら如何でしょうね?1億ドルは120億円、1ヶ月一人10万円渡すとすると1200人が貰える額だ。でも、この額は思ったほど、大人数を救えないことが分かる。やはり、120億円を保全・運用して、年金に充当するという考え方にならざるを得ないですね。麻生さんが受け取らなかった金融庁の報告書通りで、個人でも国でも、年金を保全するためには運用しなければならないことがよく分かる。でも低成長の現在で利益が生まれるように運用出来るのか?それが疑問である。

また、安保を破棄して仮に日本が独自に軍備した場合、北方領土や竹島などは返還されるのでしょうか?軍備する、しないに関わらず、隣国とのいざこざは解決するとは思えない。したがって、軍備に掛ける費用を100歳まで生き続ける日本の老人に使えば、安心した老後が送れるし、安倍さんの人気は急上昇。来る参議院選挙は自民党の大勝となるでしょうけどね。

エッセイその326:雨量

本日6月30日は梅雨前線が西日本に停滞したために、またしても集中豪雨の体をなしている。ニュースでは1時間に何ミリ降るとか、ここ12時間で何ミリ降るので注意しろ、としきりに喚起するけれど、その数字を聞いて、ミリメートルという単位が、普段の生活の中ではあまりに小さく、どうしても実感が沸かない。しかも、短時間に降る表現と、長時間を積算した値の単位が同じ、ミリなので余計、分かり難い。反面、地震のバロメータである震度○は実感が伴い、分かり易い気がする。マグニチュード表示は不要だと思うけれど、同様の集中豪雨のバロメータはないものでしょうか?例えば、1時間の積算値10mmはしょぼしょぼの雨、50mmはバケツをひっくり返すような雨、3時間の積算雨量はメディアが得意の東京ドーム何杯分とか、直接的な表現で「○地域が水浸しになる」、とかどうでしょうね?

ところで、昨日、29日は東京愛宕山にあるNHK放送博物館で、東大名誉教授の伊福部 達先生の「蝋管レコードの再生余話〜ゴジラ音楽から緊急地震速報チャイムまで」を聴講した。伊福部氏は映画「ゴジラ」の音楽を作曲した伊福部 昭の甥に当たる。最近、携帯から急に流れる緊急地震速報チャイムは、ゴジラの音楽から発想を得て、作られたという。音楽的にいうと、あのチャイムは、緊急性は感じるけれども不安感は感じない音列だそうで、C7#9という和音で作られているという。

話は戻して、雨量に関しても、このチャイムがなったら避難準備、さらにこのチャイムが鳴ったら避難する、というような緊急豪雨速報チャイムは必要だろうし、分かりやすい雨量バロメータも誰か、考えてくれないかなあ?

編集後記(2019年6月号)

5月末のアクセスカウントは145,426でしたので、5月のアクセス数は<1,401>カウントでした。

相変わらず寒暖の差が激しいが、何とか風邪をひかずに済んでいる。少し暑くなると、女性が急に胸の開いた服装をするようになるけれど、あれは女性特有で、胸の辺りに熱がこもるから、それを発散したいがための服装なのか?単なるセックスアピールなのか?男の私には胸が開いた服装をしたいと考えたことがないので、昔からの不思議である。今年の5月が10連休ということが影響したのか、仕事は近年になく低調だったにも関わらず、弊社の決算期であったために法人税の支払いがあり、加えて、拙宅の固定資産税、自動車税もあって、お札に羽が生えて飛んでいった感じの元号改新の月でした。

エッセイその325:公共駐車場

1年に1度か2度しかないけれど、車の免許更新や弊社の税務申告などで警察署や市役所のある中心市街地へ行くことがある。拙宅はそこまで距離がある所にあるので、古くからの隣人はそこに行くことを「町へ行く」というのである。公共交通機関で行く場合は、隣町まで電車で行ってからバスに乗り換えて行くしかないので、1時間以上掛かる。従って、どうしても自家用車を使ってしまうことになる訳だけれども、そんな時に困るのが市役所などの公共駐車場が何時も満車で駐車できないことだった。
ところが、市役所の建て替えに伴う地下駐車場の建設を始め、警察署、県総合事務所、図書館、博物館、美術館など大半に駐車ゲートが設けられ、長時間駐車が有料になった。その結果は、今までほとんど駐車できなかった状態だったのに何時でも待たずに駐車できる状態、つまりガラガラになった。ということは今まで、これらの駐車場に本来の用のない車が多く停まっていたということなのだろうか?これらの駐車場は便利さのために電車の駅に近いのは言うまでもないけれど、そのため、自宅から車で来て、これらの駐車場に駐車し駅まで歩いて通勤する人が利用していた可能性がみえる。あるいは、これらの近くに仕事場があって、そのために駐車していた人も居ただろう。それらの無法者のお蔭で、本当に駐車したい人がどれだけ迷惑していたことか?思い出すのも悔しいけれど、マイマンバーカードを受け取りに行った時に短時間で済むと思って違法駐車したら、案の定、掴まって罰金!ああ、くやしい!

編集後記(2019年5月号)

4月末のアクセスカウントは144,025でしたので、4月のアクセス数は<1,150>カウントでした。

朝にはストーブを着けて暖をとっていたのに、昼間は扇風機で涼をとるような寒暖差のある毎日になっています。一旦、収まった花粉症も再発してきていますが、何とか風邪をひかずに過ごしています。

サンデー毎日の生活をしていて休日ということを意識することは少ないので今回の10連休の内容を知ることはなかったけれど、郵便局に行ったら休みでガッカリ!改めてそれを意識して連休を過ごしたい。4月27日は土曜日で休日ではなかったけれど多くは休みなのだろう。28日は日曜日、29日(月・祝)は昭和の日、30日(火)は国民の休日(今年のみ特別?)、5月1日(水)は即位の日(特別休日?)、2日(木)も国民の休日(特別?)、3日(金・祝)は憲法記念日、4日(土・祝)はみどりの日、5日(日・祝)はこどもの日、6日(月)はその振替休日ということで、今年は特別の改元記念官製10連休ということだろう。

エッセイその324:平成時代

4月30日に平成時代は終わり、5月1日から令和となる。昭和から平成への移り変わりの時は40歳頃で、子供が誕生した直後でもあったし、きっと忙しかったのだろう。あまり印象がない。今回の事は30年後は100歳になっているけれど、ピンピン元気で玄孫にその印象を伝えていることだろう。

ところで、4月30日の朝日新聞朝刊に「変わり続けた暮らし・経済」という記事があり、平成元年と31年の比較が掲載されていた。
  1)日経平均 38,915円→22,258円
  2)非正規労働者 800万人→2100万人
  3)携帯契約数 49万台→1億7千万台
  4)世帯の被服費 30万円→13.8万円
この4つの指標だけの印象だけれども、
  1)安倍政権は安定資金としなければならない年金積立金までも投資やしたけれど、株価上昇に失敗。
  2)経営者のために労働者賃金が抑制された結果、格差が拡大。ゴーン年収19億円、非正規170万円。
  3)携帯は普及したけれど、スマホに頼り切り、ゲーム三昧。日本人は開発改革精神を失くした。
  4)消費に回すお金がないため、安い物しか購入できないのが現実である。

これだけのことをみても、安倍政権の失政は明らかであるし、20世紀型の資本主義経済はとっくに破綻しているのに未だ、大量消費時代の再現を夢見ている経済人や政治家のなんて多いことか?こんなことじゃ、ボーと生きてんじゃないよ!ってチコちゃんに怒られるよ。令和の時代はこれからの未来を考える時代になって欲しいですね。

エッセイその323:三種の神器

平成天皇が退位の報告のため、神器を携え、伊勢神宮を訪問した。お付きの方が、うやうやしく神器を捧げ持ったTVの映像は印象に残った。三種の神器とは、八咫鏡やたのかがみ八尺瓊勾玉やさかにのまがたま、草薙剣くさなぎのつるぎ、をいうけれど、当日、捧げ持っていたのは勾玉と剣だけだった。鏡は伊勢神宮の御神体として参拝場所にあるので携える必要はなく、神器は三種が揃えられたということになる。剣は勾玉とともに皇居から持ってきたものだと言っていたけれど、確か、剣は熱田神宮にあったのでは?との疑問が湧いたので確認してみた。

Wikipediaによると、鏡の実物は伊勢神宮にあり、その形代かたしろ(神霊がよりつき易いようにを整えた物、いわゆる写し?)は宮中三殿の賢所にあるという。同様に勾玉は皇居の剣璽の間にあり、形代はない。草薙剣は天叢雲剣あめのむらくものつるぎとも云うけれど、実物は熱田神宮にあり、その形代は皇居の剣璽の間にあるという。ということは、当日の剣は形代だった。その記事によると、これらは実物とはいってもそれぞれが火災や戦災の被害を受けていて、古来のものではないと思われるので、実物・形代を問わず、天皇がその時々に携える物が「三種の神器」であろう。そして、それらが揃ったその瞬間こそ、新元号「令和」の未来が幸せであるスタートに違いない。5月1日から「令和元年」となった。

即位にあたり勾玉と剣の形代は携えられているのに鏡の形代がないのは何故だろう?

エッセイその322:選挙

4月8日と22日は統一地方選、9日は衆院補選でした。その結果は、大した話題ともならず、大型連休や天皇退位・改元のニュースにすっかり影を潜めていますが、改めてその結果をみると、大阪・沖縄の衆院補選では自民2戦全敗でした。これは、安倍政権にとって大きな痛手になるのではないかと考えたけれど、その後の、知事選では自民・反自民は4勝4敗3無所属、市長選でも2勝2敗2無所属、道府県議選は自民(公明)・反自民は、1,324勝389敗諸派79無所属536、市議選では、498勝267敗諸派91無所属156で、大勢としては自民系勝利となり、安倍政権への大きな打撃にはなりませんでした。元号改元の話題に上手く乗じた戦略の勝利でしょうか?

投票率はどうかというと、どの選挙でも50%を割り込んで過去最低を更新するという。原因の多くは若者の政治への無関心だと言われているけれども、自分の1票で何が変わるかと云うと、虚しい結果しかないのも事実であり、無関心にならざるを得ないことも理解できる。

議会制民主主義というのは、何かの提案をしたくても、1市民がそれを議事として取り扱ってもらうためには数千、数万の賛同者の署名を集めても果たせないかも知れないけれど、一旦、選挙によって付託を得られた議員達は議会の過半数、衆議院でいえば定数は465人なのでたった228名の賛同者を募れば、自分の意見を通すことができる。同様に、安倍首相はその論理で、任期を延長できる決議を得て3選を果たしている。本来は国民投票によって真を問う必要があったのではないか?

議会制民主主義と言われる、投票による決議するこの現行法を見直す時期にきているのではないか?つまり、大半の事柄はこれまで通りであって良いけれど、重要な決定事項については国民投票による決議の機会や、あるいは請願のハードルを下げるようなやり方を増やさなければならないということである。

消費税増税を控え、衆参同時選挙もありえる情勢になってきたようだが、また議会制民主主義を上手く利用して、自分たちの横暴を通そうとしている。若者よ!虚しさは同じように感じるけれど、個人に与えられた権利は1票の投票権しかないのだから、まずはそれを果たそう!

編集後記(2019年4月号)

3月末のアクセスカウントは142,875でしたので、3月のアクセス数は<1,127>カウントでした。

桜が開花した、五分咲きになった、満開になった、といっては大騒ぎ!日本人は桜が好きですね。桜が咲かない内に花見で盛り上がり、新入社員を使って場所取り、全く、日本は平和な国です。でも、ソメイヨシノは色が薄く、青空をバックにみるのは良いけれど、曇が多い今日この頃はあまり綺麗には思えない。そろそろ桜の木の寿命も近いと云うので、もっと色の濃いのが多く見られるようになるかもね。2月28日の米朝会談は破談とはなったけれど、これも一歩前進のように感じる。

エッセイその321:日本人のルーツ

最近のDNA分析はすごい!縄文人や弥生人の発掘人骨からDNAを採取すると、日本人がどこからどのように日本に住んだか分かってきている。軟弱な理解ではあるけれど、自分としては次のように理解している。

まず、日本には縄文人がいた。彼らは顔の特徴から南方からやってきて日本に住み始め、3万年とも言われている長い縄文時代に日本中、津々浦々に住んだように思う。しかし、彼らは、もっと豊かな生活に必要な稲作も、それを耕作するに適した鉄器の技術を習得することはなかった。そこに、それらの技術をもったユーラシア系民族が同化しながら朝鮮半島を経由して次々、日本に上陸してきた。彼らの圧倒的な技術の差によって、元いた縄文人を駆逐しながら日本の端の方、北海道や沖縄などに追い払った。追いやったというより、そこまで行かなかったのかも知れない。しかも、弥生人は縄文人との同化(共生)を望まなかった。その結果、現代人の顔立ちは日本固有(縄文人と弥生人との混種)ということでもなく、彫りの深い沖縄や北海道のアイヌの人達(縄文系)とも違って、朝鮮の人々(ユーラシア系)と酷似している人が多いように思い、自分の考えが的はずれでないように感じる。従って、現在、いがみ合っている韓国人や朝鮮人、中国人は日本人の先輩であり、彼らも日本人とは同種なのだとの認識をもって、それぞれがお互いを敬うべきではないだろうか?でも、例えば中国人といっても漢民族と55の少数民族に分類されていて、各地で民族問題に端を発した紛争が報じられているので、こんな単純な論理でシャンシャンと集約されるとは思えない所に人間の悲しい性があるんでしょうね?

編集後記(2019年3月号)

2月末のアクセスカウントは141,748でしたので、2月のアクセス数は<1,056>カウントでした。

今年ももう3月。早くも暖かくなってきたようで、そろそろ鼻がムズムズしてきました。でも、最近は症状が軽くなっているので、前ほどは障害にはなりませんが、医者は薬では改善しないと言うし、何故でしょうね?何故、2月は28日しかないかという疑問について先日、「チコちゃん」が教えてくれていたけれど、今年の2月28日は米大統領と委員長との2回目の会談が行われる。どうなることやら?

エッセイその320:韓国3・1独立運動

竹島、従軍慰安婦、徴用工問題など韓国の言い分は、理不尽さを増してだんだん激しくなってきているように感じるけれど、その主張は韓国の国民や政治家にとって、隣国である日本は不要な国だと考えているようにみえる。あまりにも感情的に云われると無関心な私でも腹立たしくはなるけれど、テレビの報道番組等の取り上げ方にも疑問を感じる。盲目的に日本はこれまで、こんなこともあんなことも正しいことをやっているのだから、単純にそれを理解しないのは韓国なんだと言っているような論調が多いようにも感じる。日常的に関心のないことで一般国民が嫌だと感じる話はしない、日本は単純に素晴らしい国だと言われて安心させるのが視聴率をアップさせることに繋がるのだろうけれど、韓国の人の主張の本質がどこにあるのかを、時に触れ、もう少し掘り下げて報道しても良いようにも思う。

徴用工問題については国家的な賠償は完済しているけれど、個人のそれは済んでいないという日本人のコメンテータもいるし、竹島はどのような根拠で韓国に帰属していると主張しているのか、従軍慰安婦について何が足りないと言っているのか、そんなことも自分に知らされていない、知らないので、何故、韓国の人が怒っているのか分からない。そんなことはこれまで言い尽くしてきたので、知らないのは私だけと言われるかも知れないけれど、だからといって、自分が正しいとして相手の主張を無視し続けることが解決の方法だろうか?

1919年3月1日は日本が統治していた日本から独立しようと運動が始まった日だという。それから今年で100周年を迎えるが、それに向かって韓国の主張(難癖のようにも感じるが?)は一段と激しさを増すだろうけれど、お互いに感情的な発言をし合っていても解決できる訳がない。お互いに嫌な話に耳を傾け、冷静な議論を尽くして、未来ある若者が互いの国を、お互いを尊重し合えるような関係を作るのが老人たちの役割りであろう。ただ、1909年に前韓国統監だった伊藤博文を暗殺した安重根の墓参りをして英雄視するような韓国大統領の行いは単に殺人という行為を正当化するものであって、国民を煽って政治家としての延命を図るようなことをしているに過ぎなく、その国の文化水準を貶めるものであると言わざるを得ないし、国民はそれに踊らされないように賢明な知恵を養うべきだろう。どの国民にも言えることだ。

NHKのTV番組「天皇運命の物語 第1話 敗戦国の皇太子」を視た。皇太子(現天皇)がイギリスの女王戴冠式に参列した時に、イギリスでは、かっての敵国である日本の首謀者は天皇であり、皇太子はその子供であるという、その皇太子が訪問することに怒りを感じる人達がいた。どこかで聞いた論理だ。しかし、イギリス国民は矛先を収め、歓迎したという。これが教養というものではないか?過去の過ちは過ちとして反省すべきではあるけれど、過去に何時までもこだわることが両国にとって良いことであることなのかは、その後の両国の友好関係をみれば明らかではないだろうか?

編集後記(2019年2月号)

1月末のアクセスカウントは140,692でしたので、1月のアクセス数は<1,207>カウントでした。

とにかく雨が降りませんね。1月は2,3日お湿り程度があったくらいです。アメリカでは大変な寒波、オーストラリアは反対に熱波に襲われているし、日本でも北海道や日本海側は豪雪という。先日、地球の残されて時間が発表されたが、昨年に続き、2分前だという。核の脅威は米中対立などの覇権争いで、使えない核の保有から使える核兵器の開発へ関心が移っているらしい。でも人々が争って共に倒れる前に、環境破壊による天誅が下るのではないだろうか?従って、残された時間が昨年と同様というのは納得がいかない。一方、ゴーン容疑者の勾留は続いた結果、ルノーの会長も辞任した。日本(国策だと邪推しているので敢えて日産とは言わない)の粘り勝ちと捉えて良いのかな?お金持ちや大国の強欲さを再認識させられる昨今であるけれど、この愚かさが地球を破滅に導いているように思う。庶民はささやかに、せっかく作った恵方巻きを無駄にしないように食べましょうね。

エッセイその319:上腕骨外側上顆炎

昨年年末から右肘の出っ張っている骨が急に痛くなり、右手で物を持っても力入らず、絞る動作などに右手筋肉に痛みを感じた。すぐ治るだろうとタガを食っていたが治らないので、正月早々、近くの整形外科に行った。診断としては、右手の使い過ぎによる腱鞘炎、「上腕骨外側上顆炎」だという。右利きだし、パソコンのタイプのし過ぎ、楽器の演奏など、確かに右手に負担は掛けているけれど、別名テニス肘と言われるほど使っているようには思えないが?治療法は無く、安静にするしかないようだ。痛みをとるならステロイド入り局麻剤注射!ということでやってもらった。注射針は極細で痛くは無かったけれど、関節包に局麻剤を注入した時やその後は1日程度痛かった。同時に処方してもらった「経皮吸収型鎮痛・抗炎症剤ロキソプロフェンNaテープ100mg JG(湿布)」を1日1回貼替えしているが、ヒリヒリして効いている感じがするが、徐々に痛みは軽減している。あとはあまり使わないこと、ストレッチ、筋力トレーニングということだけど、いずれも嫌いなやつ!その後、痛みは完全に無くなったけれど、再発の予感がする。治療では治らないという医者の言葉を思い出す。

平成年表

平成30年間を振り返るのに分かり易い年表が欲しかったが、元日の朝日新聞に「1万1千日の歩み」という記事が出ていたので、それを一部、興味のあるところだけ転載・追記してみる。

 

H01

1989

昭和651/7天皇崩御1/8より平成、消費税3%、天安門事件、ベルリンの壁崩壊、宇野海部内閣

H02

1990

日本人TBS社員秋山氏初の宇宙飛行

H03

1991

湾岸戦争開戦 バブル崩壊始まる 宮沢内閣

H04

1992

新幹線にのぞみ登場、PKO法成立、バルセロナ五輪、毛利氏スペースシャトルで宇宙へ

H05

1993

皇太子ご成婚、細川内閣誕生、屋久島・白神山地・法隆寺・姫路城国内初の世界遺産に

H06

1994

羽田→村山内閣誕生 大江氏ノーベル文学賞

H07

1995

阪神淡路大震災、地下鉄サリン事件、

H08

1996

アトランタ五輪、小選挙区比例代表並立制による初の衆院選 橋本内閣

H09

1997

消費税5%、長野新幹線開業、拓殖銀行・山一証券破綻、温暖化防止京都会議

H10

1998

長野五輪、小渕内閣

H11

1999

国旗・国歌法成立、東海村で臨界事故

H12

2000

2000年問題、介護保険制度開始、三宅島噴火、沖縄サミット、森内閣

H13

2001

米同時多発テロ、小泉内閣

H14

2002

小泉首相訪朝

H15

2003

イラク戦争開戦、地上デジタル放送開始、個人情報保護法成立

H16

2004

自衛隊イラク派遣、アテネ五輪、小泉首相郵政解散・第3次内閣発足

H17

2005

愛知万博、JR宝塚線脱線事故、第1次安倍内閣

H18

2006

トリノ五輪でイナバウアー

H19

2007

郵政民営化、福田内閣

H20

2008

リーマンショック、麻生内閣

H21

2009

裁判員制度開始、民主党政権誕生・鳩山内閣

H22

2010

小惑星探査機はやぶさ帰還、菅内閣

H23

2011

GDP3位に転落、東日本大震災、九州新幹線開業、野田内閣

H24

2012

スカイツリー開業、自公が政権復帰、第2次安倍内閣

H25

2013

富士山が世界文化遺産に、特定秘密保護法成立

H26

2014

消費税8%、御嶽山噴火、第3次安倍内閣

H27

2015

パリ同時多発テロ

H28

2016

北海道新幹線開業、熊本地震、オバマ大統領広島訪問、トランプ大統領当選

H29

2017

将棋藤井君大活躍、第4次安倍内閣

H30

2018

北海道地震、相撲騒動、不正入試、はれのひ、韓米・朝会談、生前退位、日産騒動、豊洲移転、

H31

2019

5/1より改元 天皇即位

 

編集後記(2019年新春号)

明けましておめでとうございます。謹んで初春のお喜びを申し上げます。

12月末のアクセスカウントは139,485でしたので、12月のアクセス数は<1,203>カウント、2018年1年間では<10,814>でした。

2018年の夏は暑かったけれど、その性か?老化も大いにあるでしょうね、もう古希だもの!前には食べられた帰京時の名古屋駅ホームでの「どて、かき揚げ、熱燗2杯、きしめん」のお愉しみコースを食べるのに苦労するようになってきて、さらに食べていた小田原駅の「ミニカツ丼」は言うに及ばない。演奏しても、ソリ(同じようなフレーズを同じ楽器群で演奏すること)に続いてソロがあっても吹けていたのが吹けない、夜は何時までも起きていたのに我慢できずに早々と就寝してしまう、少し歩くくらいでも心臓の動悸を感じるし・・・・。そろそろ、やらなければいけないことは早めにしなくちゃね〜。ここ数年は郷里で年を越していたが、12月開催の講演があったため、久々の自宅での年越しになった。ちょっと残念!

エッセイその318:私の2018年重大ニュース

1.ジャズバンド:34年間一緒に活動してきたバンドメンバー逝去(12月) 若いのに無念!

   5バンド(NFC・NSD・KMP-OB・アド研・コンボ)変わらず

2.不用品を活用して郷里で、好きなレコードを自分で再生して楽しむ「レコードバーあきた文具店」開店

   (7月)お客はちらほら、JASRACへの支払い増え、何時まで続けられるやら?

3.男子孫誕生(1月)

4.健康:

  1)前立腺癌:PSA値は測定限界値まで下がったままで良好 排尿回数が多い

  2)不整脈:息切れ・動悸が強くなってきている感じがするが、医者は異常なしという

  3)歯:何とか維持だが、そろそろ、あちこちグラグラ

  4)左肩を強打は治癒 5)花粉症:前年同様で通院なし

5.郷土伊勢:

  1)中学全校同窓会を幹事として開催(9月)1割程度が参集 楽しかったと言ってくれた

     東京にて関東地区ミニ中学同窓会、伊勢にてミニ中学同窓会開催

  2)やまだ大学「伊勢さんぽ その5」(4月)、「その6(完結編)」(11月)開催

  3) NPO伊勢志摩さいこう会を再度、退会(6月)したが、

    同会主催の講座「伊勢を創った太田小三郎」を三重テラス(7月)と伊勢商工会議所(12月)で講演

  4)「旅館宇仁館物語」刊行 伊勢図書館等に寄贈

    「拙家所有掛軸一覧」まとめに入るものの(気が進まず)今一歩、完結せず

  5)叔母(94歳):車椅子からベットへ

6.東京散歩の会:防衛省(3月)、寄生虫博物館(9月)、キリンビール工場(10月)、

    最高裁判所(11月)、明治生命館(12月)

7.生業の楽器修理業:ボランティアも含め、変わらず

 

 

あなたは  人目の訪問者です
本日  昨日