さわやかに・・・壮年の主張

壮年でなければ云えない含蓄のある主張を展開して,いろいろ意見を交換しましよう。

2020年5月1日更新

あなたのご意見を壮年の主張のページにお寄せ下さい。
このページにあなたのご意見を掲載しても良い方は
『掲載可』と本文に記入して下さい。
投稿を希望された場合はページ更新時に記載致しますので、大いに議論しましょう。
宛先は 
koji.akita@nifty.com までお願いします。

字が小さい場合は<Ctrl>+<+>ボタンを押すと全体文字が大きくなります。
小さくしたい場合は<Ctrl>+<−>

1998年版 1999年版 2000年版 2001年版  2002年版 2003年版 2004年版

2005年版 2006年版 2007年版 2008年版 2009年版 2010年版 2011年版

2012年版 2013年版 2014年版 2015年版 2016年版 2017年版 2018年版 2019年版

 

編集後記(2020年5号)

4月末のアクセスカウントは157,686でしたので、4月のアクセス数は<730>カウントでした。

 コロナ自粛は継続しています。活動は全停止したので自宅過ごす4月は長かったです。しかし、気候は冬から4月30日に急に初夏になりました。今年は暑いのでしょうね。それでも良いから外出したい。
 ところで、安倍さんが提案しているマスクは届きましたでしょうか?焼け石に水滴一つの救援策すら満足にできない日本なんですね。答弁をしている時に安倍さんは多分支給するであろう効果のなさそうな小さな布マスクをしていますが、他の閣僚が同じマスクを全くしていません。本来なら、閣僚全員がすべきでしょう。仲間にすら賛同されていない独善的なアベノマスクだったということを露呈していますよね。

エッセイその343:続々々々、新型コロナウイルスの大流行

最近、PCR検査数が増えないのはどうしてか?という疑問がやっと話題になってきた。前から話題にしているのにやっと追いついてきたかと思う。4月30日のTV朝日モーニングショーで、民間検査会社はフル稼働している所もあるけれどまだ余裕はある(が、依頼が来ない)、自動検査装置を使って24時間フル稼働すれば7万強の検査ができる、地方医科大にお願いすればそれなりの数はできるという。その原因は、検査をするか否かは保健所職員の指示によるものと決められている。彼らは地方衛生研究所に検査の依頼し民間を頼ることがない傾向があるため検査数が限られるし、担当病院の感染病患者のための空きベット(医療崩壊)を懸念しがちで、そのために検査を制限する傾向が強いようだという。きっと担当者は必死で頑張ってくれているのにこういうことを言って申し訳ないけれど、末端の職員の話ではなくリーダーの問題です。なんとか副座長の発症初期の対応から間違っていたように思う。

以下のグラフは3月5日から4月29日までの日別のPCR検査数を曜日別にプロットしたものであるが、明らかに日曜日と月曜日の検査が少ない。検査数の実態は最大1万弱は可能ではあるけれど平均5千人かな?この傾向を邪推すると、保健所も検査所も疲れて日曜日は休みたい、月曜日は会議や書類仕事が多い、その不足分を取り戻すために火曜日は必死に頑張る!水〜土は頑張れる範囲でこなす、っていうような感じで、保健所・検査所の都合で検査が行われているように見える。本来なら、日本在住の全員に検査をすべきであるため、まずは、最大値に近い約1万人が毎日できるようにする。そのために必要なら2交代、3交代にする。さらに民間、医大、自動機をフル稼働して1日10万も可能ではないだろうか?従来の厚生官僚の考えを打破し、まず2万にすることが安倍さんの仕事なのでは?解決策は目の前にあります。すぐに成果をアピールできる課題ですよ。

かかりつけ医が必要と考えれば検査される検査センターが早く本格稼働することを望みたい。陽性患者は症状に応じて適切に隔離する、陰性の人は普通に経済活動する。これが普通の状態ですよね。検査次第です。

 

 

エッセイその342:続々々、新型コロナウイルスの大流行

14世紀半ばには黒死病と呼ばれたペストが大流行し、当時の世界人口の1/5、約1億人が死亡したという。また、20世紀初頭にはスペイン風邪が大流行し当時の世界人口の1/4の約5億人が感染したという。今回の新型コロナもあっという間に全世界に流行し、医療崩壊、パンデミックと呼ばれるようになってきた。
日本の現在の統計の4月29日現在の値から非常に雑駁な推測すると、
まず、数字の定義を確認すると、
PCR検査人数というのは検査回数ではなく、検査した人数であり、確認のために何回検査しても一人と数えるということらしい。さらに日別データは変動が大きいため、誤差を除去するために累計を使用する。とすると、4月30日現在の累計感染者数は13,695人、それをPCR感染者検査人数136,695で割ると、感染率は約10%になる。一方、ダイヤモンド・プリンセス号やコスタ・アトランチカ号の場合、密閉された空間における感染状況を表している思われるので、感染率はそれぞれ、712/3,711人=19.2%、148/623=23.7%となるので、発表されている「PCR検査人数」は何となく疑わしい。従って、非常に概算とはなってしまうが、累計感染率を2倍することで、同2号の感染率に近づける。その計算結果の推移は上記のグラフのようになる。

この累計感染率は日本国民・在住者に全てPCR検査した場合と同じになるはずなので、現在のコロナ感染者が推測できる。その結果は4月29日現在では約20%(10%かも知れない)となる。日本の人口は1.3億人+観光客や日本国籍を持たずに就労している人も入れると1.5億人程度が日本に在住しているとすると、既に1.5〜3千万人がすでに感染していることになる。少し桁外れの数字だとも思えるので考え方が間違っていることを期待したいが、これらのことから、

◎検査してもらえない感染者や無症状感染者など隠れ感染者が既に巷にあふれている、

という可能性があるということを表していると思うので、政府がいうように人との接触はできるだけ避けるという警鐘と捉えた方が良いでしょうね。4月29日での

  重症率=累計重症者数306/累計患者数11,4272.7%

  退院者率=累計退院者数3,357/累計患者数11,427=29.3% (つまり、約70%が退院出来ない)

となり、今回の新型コロナは重症にはなりにくいけれど、なかなか直らない病気だということを示しているようだ。このことから検査数を急増(これがキーポイント!)させて陽性者を明確にし、軽症者をホテルなどで隔離することは有用な方法だと言える。検査数を急増がキーポイントなのに検査数が増えないのはなぜ?エッセイ343に続く。

 

 対コロナ免疫を検査することがニューヨークで始まったが、感染率はNY州では14.9%、NY市では24,7%という。あながち、上の試算と大きな違いはないように考えるけれど、重要なのはコロナに感染したら抗体が出来て2度と感染しない、という淡い期待があるかどうか?、あれば、現在既に飽和状態に達していると思われるので、その抗体が威力を発揮して感染者数が減少していくだろうと期待できる。実際、4月13日頃から感染者数が横ばいに、27日から減少の傾向が現れている。この先、ひょっとしたら減少に転じるかも知れない。それでも3月初旬の水準になるには5月末か?(当たったら褒めてください。)

 自粛は政府が要望している80%には及ばない現状では外出自粛(ソーシャルディスタンス)が効果しているのではなく、免疫が機能し始めている可能性は大きいように感じるが、それを見極めるためにも現在ではPCR検査より免疫の効果の検査を優先すべきかも知れない。 しかし、インフルエンザのように変質し易かったら、特効薬がなければ終わりません。従って、免疫の確認と早期の特効薬開発が鍵になりますね。

 

 ただ、この議論は総論的な話であって、個人的には感染が疑われたら、まずは、速やかにPCR検査が行われることを期待したいですね。

 

 反面、外出自粛の結果、経済活動はほぼ停止し、大気汚染に苦しんていたインドや中国では久しぶりに青空が見られたという。このことは悪質な石炭で暖房していた庶民の暮らし方が大気汚染の主原因でないことを物語っている。結局は自動車が大気を汚染しているということだ。従って、石油に由来する軽油やガソリンを使わない自動車の開発が最も急がれる人類の課題だということになる。
はたまた、今日は冬だった気候が翌日は夏になるような、気候の変動が最近は多い。アメリカやオーストラリアの森林火災や竜巻の発生。海水温の上昇、両極の氷山の解凍、海面上昇、日本でも竜巻の発生数が増加してきている。熱帯の魚が東京湾で泳いでいるような地球温暖化に由来すると言われる現象も多く聞かれるようになってきている。また、阪神淡路大震災、東日本大震災もあったけれど、最近、関東以北での地震も頻発しているように思うし、予想されている大きな東南海地震も間近とされているが、海水温の上昇が海洋深層水の温度上昇を招き、地殻の流動性を高めている可能性があるように感じている。これらの全ての事象は地球を維持しようとする自然の力が行き過ぎた人の営みについてを警告を発しているのだ。これらの警告を素直に聞くべきだ。
 また、外出自粛をどう勘違いしているのか、近所のスーパーや公園はこれまでにないくらいの人だ。このことは政府も気がついて規制し始めているけれど、今回の自粛の結果、本当に必要なのは、遠くのモールより近所の商店街、遠くのアミューズメントパークより近所の公園だということが分かったかも知れない。近くならばガソリンを使って行く必要もない。結果、原油価格は暴落し先物価格がマイナス、つまりお金をくれてガソリンももらえる状態とはなったけれど、特に生活に困ることはないようだ。友人同士ではチャットで飲み会をやろうなんて話も出てきているけれど、この事態を好機と捉え、エコな生活を考え直してみたいが?自粛のストレス解消のためか、はたまた依存か?越境してまでパチンコする人がいるのは現実なんですよね。僕だって友人と顔を突き合わせて呑みたい我慢しているんだ!あの一杯が旨いよね!

日本人は喉元過ぎれば暑さを忘れる国民性であるけれど、今回、韓国でMERSが流行した時の教訓を生かしたように、今回の対策グループとは別に、この災害を教訓として再び発生するであろう同質の病原流行に備えて迅速に対処する方法を考えるグループを同時期に立ち上げておかなければならない。そうしないと同じ失敗を繰り返すだろう。最近、影が薄い小泉環境大臣!地球も医療崩壊寸前!石炭発電所を封印し地球の自然を守る環境行政を考える好機ではないでしょうか?

編集後記(2020年4号)

3月末のアクセスカウントは156,956でしたので、3月のアクセス数は<796>カウントでした。

初夏の陽気の次の日は寒気に強風、そして大雪。地球は確実に壊れている有様だけど、加えてコロナ騒動にも乗じて、株価の乱高下の中、儲けている輩はいるのでしょうね。

エッセイその341:続々、新型コロナウイルスの大流行

3月末にコメディアンの志村けんさんが亡くなったのは同年輩の仲間にとって強い警告とはなったけれど、ヘビースモーカだったことが急速な症状悪化に繋がったのか?そういう情報に関しては、一時、あったにも関わらず、その後一切、報道されなくなったのは情報統制でもあったのかなあ?その結果、同年齢の仲間との楽しいバンドなどの活動は全てキャンセルとなっている。でも、こんな調子で自宅に閉じこもって飯ばかり食っていると太って余病を発症し、それにコロナを併発して志村けんになってしまう可能性が増えてしまうなあ。

イタリアやアメリカの比ではないけれど3月末の日本は急速な感染者増加をみて、さらに強い外出自粛が要請された。しかし、その根拠は相変わらず感染者総数を明示するくらいで検査数もはっきりしない。せめて日々の総数だけでなく、日毎の感染者数や完治した数、さらに何人検査して何人陽性になったとか?国民に知らせるべきではないだろうか?報道も同様で、何のための報道かと思う。そんなのを知らせても国民は理解できないと考えているのだろうか?治療薬が見つかっていない現状では検査しても役に立たないのか?医療崩壊ばかりを気にしているようだけれど、検査もせずに自覚症状が出難い若者を放置すれば拡散を防止できるはずがないのに、どうして検査を積極的にやらないのか?反面、若者に検査を要請すると、プライバシーを探られたくないとして断る者が多いらしい。こういう者にこそ、非常事態宣言を発令し、検査を強制すべきである。

森友学園や桜を見る会などの国家的な情報操作は安倍政権のお得意である。自殺者が死の抗議をしても知らぬ存ぜぬ。コロナに関しても誰かを守っているのかなあ?そんな政権を選択した国民には、自粛によって経済が破綻し、人々はコロナで死ぬ前に餓死が待っているかも知れない。守るべきは自粛によって困る国民であって、その救済策も同時に示すべきではあるけれど、個人の財産を税金で補填は出来ないという。国会議員は重要な会議がある時に学校の同窓会に出て委員会を欠席しても給料は減らないけれど、自営業者は3ヶ月も休店したら廃業を強いられるし、その後もどのように食べていったら良いのか?対策方法や救援策に関しては韓国を見習って欲しいねえ!世界的な危機である。学ぶべきところは早期に、大いに、学ぶべきであろう。

では、この流行はどのような状態になった時、収束するのだろうか?南半球では夏だった時期に流行しているので、暑くなったら低減するということもなさそうだ。全世界のすべての人が感染して免疫ができた時?一旦、陰性になった人が再び感染する例もあるので免疫も望みが薄い。これから人口が爆発しているアフリカで大流行するのは目に見えているが、免疫薬があった天然痘が撲滅できたようなことが早々、実現するとも思えない。この所の自粛が功を奏して感染者がいなくなった時?一旦、そうなったとしても気を許せば増えますよね。それでは特効薬が開発された時?特効薬の承認は決定が早いアメリカでも1年位は掛かるらしいので、延期が決定した1年後のオリンピック開催頃に収束している可能性があるのか?これ以外にないかなあ?

つまり、特効薬が開発できる1年くらいの長期戦を覚悟するしかないのだろうという予測しかないかな?でも特効薬って本当にできるのかな?そう考えると、オリンピックを1年延期した判断は正しかったか?従って、1年間くらい引き籠もりができる準備を今から考えてみるべきか?それ以外としては、これまで自己に降り掛かった数々の災いを見事に跳ね除けてきた安倍大明神にお願い奉る方法があるかも知れない。

編集後記(2020年3号)

2月末のアクセスカウントは156,160でしたので、2月のアクセス数は<910>カウントでした。

何しろ自宅に籠もる生活が多いので季節を感じることが少ないが、既に春一番も吹いたらしい?寒暖の差も激しいし、強風の日も多かったようにも思う。今年の夏は暑そうだ!

エッセイその340:続、新型コロナウイルスの大流行

3月初旬より小中高は休校にせよ!と安倍総理は所管大臣の頭越しに発令したらしい。頭越しについては兎も角、3月初旬がそれほど緊迫感がある状態になるのか、それに関する科学的なデータも、理由の説明もない。それ以前に、感染者数は日々、発表されるけれども、その推移に関して発発表する報道機関もない。どんなことにも、傾向と対策がある。傾向を把握して対策するのが自然な対処方法である。今より、感染者が増加する傾向にあるのか、減少かによって、対策方法は変わってくる。それを示さずに、唐突な、思い付きに思える発令は如何なものか?

簡単に調べたところでは、東洋経済Online https://toyokeizai.net/sp/visual/tko/covid19/には推移グラフ(武漢からの政府チャーター便帰国者およびダイヤモンド・プリンセス号の乗客・乗員は除く)が掲示されていた。しかし、累積数の表示だけで変化量の傾向が掴みにくいので、このグラフから日々の感染者発生数をグラフ化してみた。

このように傾向をみてみると、2月13日が感染拡大のターニングポイントだと分かる。その日に何があったのかは分からないけれど、潜伏期間を考慮すると原因は数週間前かも知れないが、その日、あるいは直後にでも今回のような措置を取っていたら今日のような拡散を招かなかったかも知れない。政府は拡散に気が付いたのは2月21日頃の感染者数10名を超過してから(一般的に何事も決定する時には傾向を見て判断しておらず、定めた数値を超えた時を目安にしているように思うが?)慌て始めたのではないかと推測できる。日々の発生数しか見ていないで、小学生でも分かるこの知恵があったなら早めの対策が出来ただろう。追加して調査する気はなけれど、このような簡単な分析をダイヤモンド・プリンセス号内や中国、韓国にもやってみると、何時頃収束するのか、オリンピックが開けるのかなどの展望がもっと分かるに違いない。

ダイヤモンド・プリンセス号での隔離方法もおかしかった。感染者を同船に閉じ込めて、ウイルスの日本上陸を防いだ効果はあったかも知れないけれど、同船内での感染者の急激な増加を見ると防疫環境が整えられていたとは言い難い。結果、感染者数が拡大したにも関わらず防疫環境が強化されない上に海外から指摘に呼応して感染者の上陸を許し、検査体制の誤りから正常と判断された感染者がキャリアとなって拡散したのではないか?

日本一律の一斉自粛ムードで、中国に依存した分業の結果、部品の補給が滞り生産が出来ない中、お客とも会えず、商談も成り立たない。観光は勿論、町を歩く人もいなければ小売業も上がったりになるだろう。さらに経済活動が沈滞することは目に見えている。

でも、ものは考えようで、この期間、普段は取得できない有給休暇を取って、休養や新たな勉学に励みキャリアップを図る、テレワークの拡充で新たな働き方を確立する、普段は出来ない生産機械のメンテを徹底的にやる、子どもたちは大いにテレビゲームでも飽きるほどにやれば良い、安い賃金を求めて海外での生産体制も見直しても良い、など来たるべき時期に大いに、勉学や準備にに励み、大きくステップアップすることを考える有効な充電期間とすべきではないか?サンデー毎日の私の場合は、コロナに感染するなんて宝くじに当選する確率より低いと考えているので市中に出掛けることに躊躇はないけれど、友人が自粛してしまい呑みに付き合ってくれなくなっている。活力が沸かない中で執筆中の懸賞論文を書き直すのは辛いなあ。

編集後記(2020年2号)

1月末のアクセスカウントは155,250でしたので、1月のアクセス数は<1,124>カウントでした。

昨年に比べて暖かいですね。スキー場には雪がないらしい。札幌の雪まつり会場では雪を遠くから搬入しなければならないそうだ。それと風が強い。南風が多いようなので、それで気温も高くなるのかな?温暖化による気象の変化が急速に表面化し始めたように感じる。

エッセイその339:新型コロナウイルスの大流行

 1月31日現在、新型コロナウイルスはSARSの時の世界の感染者数を中国一国で超過したらしい。つまり危険な大流行状態になったという。政府は珍しく迅速に帰国希望者のためのチャーター便を用意したけれど、これによって多くの菌が中国から国内に持ち込まれたという事にならなければ良いが?

 中国の方々の食欲は凄まじい。日本で危惧されている外来種のワニガメも、ミドリガメも、野生のコウモリも、リスだってトカゲだって、4つ足の机以外は何でも食べると言われている。それらが持ち寄られて売られている今回の発生源である武漢市海鮮市場の環境をみると、かなり不衛生な感じがする。国民性なのか、あまり衛生観念がないようにも思えるので、そこから新型が発生してもおかしくはないと思う。最近の新型ウイルスの発生源のほとんどは中国ではないか?しかし、ここぞと思うと中国政府の命令ですべてを封鎖・隔離する事ができるのも共産主義国家だからであろう。そういった面では、広大な中国を統治するためには、(決して容認してはいないけれど、)共産主義のような独裁体制でなければならないのかも知れない。

 日本も最近でこそ、衛生的が進んで無菌、無臭を行き過ぎるくらい好むようになってきたけれど、大都会の片隅には多くの不衛生なネズミやゴキブリなどが生息している。生活空間への野生動物の出没もニュースになるし、我が家には渡り鳥の飛来も多い。日本は表面的には衛生的なのかも知れないけれど、これらの生物から新型ウイルスが、何時、発生するかも知れない。

エッセイその338:福島原発の汚染水処理

 福島原発の貯蔵してきた汚染水は希釈して海洋放出するらしい。いくら希釈しても汚染物質の総量は変わらず、我々人間の源である海が汚染されることに違いがない。その汚染物質をプランクトンが摂取し、それを小魚が食べ、それを大きな魚が食べて、人が食べる。その循環が繰り返されることによって、すべての生物に遺伝子的影響が出てくる。用意に想像できることである。それを目先の資本主義的効率のために、今、循環を開始しようとしている。自分たちの力で制御できない物質を使った原子力発電というのは、やはり全廃すべきである。しかしながら、現状の豊かな生活を維持するために、原発の稼働が必要なことも理解できる。従って、早急に全廃するために、それに置き換わる森林資源による効率的な火力発電を推進すべきである。

 日本政府は火力発電システムを海外に輸出しようとして諸外国から非難されているけれど、石炭を燃料にしていることが避難されていて、火力発電が非難されている訳ではない。森林資源は二酸化炭素を吸収して酸素を生産し、燃やしても吸収した二酸化炭素を排出するだけのカーボンニュートラルな原料である。それを石炭と同程度の火力を発生させられる燃料として生産できれば、循環して無尽蔵に生産は出来るし、原料を国内から調達でき、しいては林業の再生も可能となる。これならば世界が日本を称賛するに違いない。育休を取得して子供をあやす時に、そんなことも考えてくださいね、小泉環境相!

エッセイその337:資本主義の自滅

 世界の富は一握りの人に集中し、上位数人の資産と下位数億人のそれとが同じだという。資本主義の法則に従い、ある程度の蓄財を達成すると自然に蓄財されるのだと思うけれど、そんなに蓄財して使えるのかな?起きて半畳、寝て一畳というじゃありませんか?死んだ時はどんな人も縦半畳くらいの棺桶にしか入れません。お金持ちはその棺桶を純金で作るかも知れませんが、そのな物でも数兆円はしないでしょう?

 そういう人たちは地球温暖化防止のための研究に私財を有効に使ったら、きっとノーベル賞ももらえるし、天国にも行けるでしょう。それをしない原因は人としての教養の無さだと思います。貧者にも教育は大いに必要ですが、富者も人としての教養を育む教育が必要でしょうね。そうしないと、富者は富をさらに貪るためにAIロボットを開発し、遺伝子操作をしているうちに温暖化で地球が滅びる前に自らを滅ぼすでしょう。

エッセイその336:第一次産業への勧め

 自分のことを考えると、都会に住んで、自分への報酬の半分以上を費やして家一軒手に入れただけの人生だった感じがする。そんな出費を田舎の0円住宅に住めば、半分の収入でやっていけるはずだ。
現在は過疎化解消のため、どの地域でも若者の移住が大いに優遇されているし、さらに、第一次産業(農業・漁業・林業)は高齢化により担い手がなく、若者の就職を願っている。さらに彼等による新しい経営方法、つまり三ちゃんでなく、育休も取得できるような改革も切望されていると思う。従って、今の若者が第一次産業の担い手になる絶好の時期が来ているのではないかと思う。子供を育てるのに数十メートルの高さの高層マンションが良い訳がない。地面の上で、緑に囲まれて子供を育ててこそ、私のように良い子に育つ!

 今はネットがあればどんな田舎でも情報はいくらでも入るし、TV会議も、仕事への活用も問題はない。ちなみに私の場合、仕事の依頼の大半はネット経由、宅配便経由である。従って、日本全国どこでも営業が可能である。このことは誰でも出来ることで、都会でなければ仕事が出来ないということはない。しかも、国家の基本産業である第一次産業は国防上からも無くてはならないし、効率化という点で若者の知恵が最も必要とされてる。今こそ、若者よ、矛先を変えろ!というべきだ!

 さらに、第2次産業も工場は田舎にあって問題は無いと思う。田舎は地代も人件費も安い。流通の面ではネットもあるし、高速道路も全国津々浦々整備され、各県には空港も港もある。都会ではなければ得られないというものは無い!人も産業も田舎に回帰すべき!そうそればシャッター街と化した商店街はまた昔の賑わいが戻るし、都会の混雑も緩和される。反面、現状で都会でなければならないものは教育かな?でも、ネットを通じて学習すれば教育格差は解消できるのではないだろうか?

 総じて言うなら、今こそ、日本が目指すべきは鎖国していた江戸時代の生活だ。江戸時代は天下泰平によって人口は増加、それぞれの地域ならでは産業も大いに発展した。また自国で産出した再生可能な燃料(主に木炭)を使うことで地球温暖化の原因ともならなかった。さらにこの結果、地方も生き生きとし、教養が育まれて高い文化水準を維持できた。結果として産業による他国への経済侵略がなかった。日本が開国する必要があったのは、国防のため先進国と同性能以上の兵器が必要だったからであって、鎖国をすれば他国を犯す兵器は開発する必要はない。極論的には鎖国すれば、第1次産業は、日本は復活する。私も若かったら漁師になって「採ったぞ〜!」って叫びたい。

エッセイその335:大脱走

ゴーン容疑者、保釈中の大脱走!やりましたね。どんなストーリーだったか忘れたけれど、スティーブ・マックィーンの映画「大脱走」のタイトルを思い浮かべてしまった。保釈金15億円を捨て、大脱走費は25億円とも?トータル40億円を掛けた価値があったのでしょうか?そのお金を地球温暖化防止研究に寄付した方が総合的に考えて、称賛を得られたように思うけれど?日本の人質捜査手法も人権を無視しているようで、おかしいとは思うけれど、この結果、容疑者に過ぎなかったのに明確な犯罪者となってしまった。その結果を犯してまでも海外逃亡をしなければならないほどの状況だったのかな?それとも自由が好きな国民性の為せる性だったのか?

僕としては、ゴーン容疑者の主張通り、日産がルノーの傘下に入り、フランスの企業になることを恐れた日本の官僚が主導したクーデターだと考えているけれど、今回の大脱走で身の潔白(横領程度の罪は問われるだろうけれど)を証明する術を自ら、放棄したに等しいとも思う。従ってこれから、いくら海外から身の潔白を主張しても、その主張は通るとは思えない。

保釈中の容疑者が逃げ出す事例は昨今、散見されるが、検察もしっかりして欲しいし、問題の人質手法も改善する時期にきているでしょうね。また、ゴーン容疑者なき後の日産だって、その効果は感じられない。日本人経営者の限界でしょうか?逆にフランス・ルノーを買収して日本企業とするつもりで頑張るべきですよ。とは言うものの、今どき、国産なんて考えは古いけどね!純国産でなければならないというなら、官僚たちは保存文章を廃棄したとか忘れたとか言っているばかりでなく、大いに日本の国力を高める政策(基礎・先進研究への投資や教育など)を推進すべしではないか?それにしても、自尊心の強いゴーン容疑者も、隠れたトランクの中の自分を見て、情けなく感じなかったのかなあ?

編集後記(2020年新春号)

明けましておめでとうございます。謹んで初春のお喜びを申し上げます。

12月末のアクセスカウントは154,126(カウント忘れ、1月6日カウント)でしたので、12月のアクセス数は<1,530>カウント、2019年1年間では<14,641>でした。

 暖かい冬、寒い春、猛暑の夏、暑い秋、15・19号の台風被害、地球温暖化の影響が目に見えて接近していることが分かる今日この頃。それの対策として、石炭火力発電などを唱える日本には打つ手がない技術の遅れ。本年が何とか抜本的な対策技術を開発できる年であって欲しいです。それと、清廉潔白な政治家が出てくれると嬉ししいな。

エッセイその334:私の2019年重大ニュース

1.二人目の母親のつもりだった叔母、逝去(12月)長年の闘病生活にピリオッド

2.バンド活動は変わらず継続中

  ジャズバンド:ビッグバンドNew Flying Cats(38周年)、KMP-OB Easy Sound Orchestra(4)

  ダンスバンド:New Star Dusters(5)、コンボ:アドリブ研究会(7)、大学研究室卒コンボ(2)

3.好きなレコードを自分で再生して楽しむ「レコードバーあきた文具店」・・・何とか1年半経過しました

4.健康: 前立腺癌は再発なし、不整脈は変わらず、歯:そろそろ総入歯か?

5.ドリカム研究会(5)は機能せず、井戸端会議のジョナサン懇談会に変更・・・世間話で終始

6.伊勢探訪(14年目)、中学ミニ同窓会:関東地区(6年目)、郷里伊勢にて開催

7.郷土市史の記述に疑問を持ち、寄り道論文「伊勢のお寺」刊行 伊勢図書館等に寄贈

  「拙家所有掛軸一覧」、「復元初回電話帳」・・・まとめに入るものの(気が進まず)今年も完結せず

8.東京散歩の会(6年目):カシオ博物館、NHK放送研究所、毒ガス研究所、横浜指路教会オルガンコンサ

   ート、パイプオルガン構造見学 勝手に洲崎遊郭街散策・・・いろいろな所へ行きました

9.金毘羅参宮(11月)・・・同地出身者にご案内いただき、めでたく750段余の階段を登り切りました

10.生業の楽器修理業(18周年):最近、ご依頼が少なくなってきているような?

 

あなたは  人目の訪問者です
本日  昨日