さわやかに・・・壮年の主張

壮年でなければ云えない含蓄のある主張を展開して,いろいろ意見を交換しましよう。

2018年5月更新

あなたのご意見を壮年の主張のページにお寄せ下さい。
このページにあなたのご意見を掲載しても良い方は
『掲載可』と本文に記入して下さい。
投稿を希望された場合はページ更新時に記載致しますので、大いに議論しましょう。
宛先は 
koji.akita@nifty.com までお願いします。

字が小さい場合は<Ctrl>+<+>ボタンを押すと全体文字が大きくなります。
小さくしたい場合は<Ctrl>+<−>

1998年版 1999年版 2000年版 2001年版  2002年版 2003年版 2004年版 2005年版 2006年版 2007年版

2008年版 2009年版 2010年版 2011年版 2012年版 2013年版 2014年版 2015年版 2016年版 2017年版

編集後記(2018年4月号)

4月末のアクセスカウントは130,966でしたので、4月のアクセス数は<592>カウントでした。HPはそれなりに変更・追記はしているけれど、アクセス数は毎月、ほとんど変化しない。読まれているいるのやら?関心を持たれていないのやら?アクセス数を増やして何かしようという気はないけれど、もう少し反応があっても良いように思うが?

4月末からの連休最初は涼やかな気候に恵まれましたが、毎年の如く、どこかに出掛けるということもなく、静かに暮らしています。有り難やありがたや!TokioのDash村、Dash島などの番組で山口君の活躍は楽しかったのに、残念な出来事でした。これまでも数々の男性が同様の事件を起こして人生を棒に振っている姿を見ているはずのに相変わらずの振る舞い!本当に男ってダメねえ!

エッセイその307:南北朝鮮首脳会談

大変注目される中で4月27日南北朝鮮首脳会談が行われ、朝鮮半島の非核化などについて合意があったという。今後は米朝会談が6月にも行われる予定になっていて、これら3人の首脳にノーベル平和賞が与えられるのではないかとの憶測も出始めているくらい、平和に向けた会談への期待が膨らんでいる。また、日朝会談も受け入れるとの伝聞もあって、キムジョンウン氏はにわかに平和主義者のような評価になっている。

でも、数ヶ月前まではアメリカが対話してくれない、北朝鮮(つまり、キムジョンウン氏)の存在を認めないとの理由で、アメリカに届くミサイルを、また水爆をも完成させたと言ってアメリカを脅していたのをトランプ氏は忘れたのでしょうか?それとも欧米諸国が一致して行っている経済制裁が効を奏して、キムジョンウン氏が白幡を上げて救いを求めているから会談が決まったのでしょうか?過去のことを忘れて、韓国が、世界が浮かれているように感じるが?

部下の古い管理法に「アメとムチ」というのがある。おだてたり厳しくしたりを繰り返して、部下を思い通りに使いこなす技である。古典的ではあるけれど、この方法が人に受け入れ易いのだろう。これと同様に、北朝鮮はまず、水爆というムチを振るってアメリカ人を震え上がらせ、南北会談というアメを与えることでアメリカ人に一層効果的な喜びを与えるということをやっているのではないか?

南北会談の成果として、早速、自国にダメージがない時差解消を行うとのアメの声明がなされたけれど、本筋である朝鮮半島の非核化については、それを目指すとは言うものの北朝鮮のみが非核化するはずもなく、アメリカも対中関係からも在韓米軍を保有核兵器と共に撤退させられるはずもないので、単なる言葉に過ぎないことは明白である。結局、キムジョンウン氏のシナリオ通り、北朝鮮を核兵器保有国として認め、南北朝鮮戦争の終結と、米朝相互不可侵条約を締結し、その結果、経済制裁を解除して欧米諸国は経済援助を行うことになるのではないか?その礎はキム一族念願の核兵器を保有しているという事実である。今回のことは核兵器保有の効果を全世界に示したことで同様の考えをもつ途上国が増えるのではないかと懸念する。

キムジョンウン氏が種々の問題がある北朝鮮を統治し、世界を相手に張り合うことができていることは誠に能力があると言える。北朝鮮国内でもアメはベンツに高級マンションか?反面、反抗分子を銃殺刑に処する場合に人民の前でミサイルで粉々にするというようにムチは相当にきついらしい。政治家には全く期待できないけれど日本も浮かれていないで、森友・加計・公文書隠蔽・官僚セクハラというアメがあるのだから、証拠を探し出して安倍首相をぎゃふんと言わせ、本当にやるべきことを早く審議されるように、報道各社の活躍を期待したいですね。(筆者案件ですよ)

編集後記(2018年3月号)

3月末のアクセスカウントは130,374でしたので、3月のアクセス数は<597>カウントでした。

今年の冬は随分寒いと感じてはいたけれど、それは誤解で暖かったらしく、早くも桜が満開となった。寒暖の差の激しさ、豪雨、突風、暴風雨、これも地球温暖化の結果か?森友・加計問題も重要だけれど、国会や日本政府は同時に世界の先人を切って低炭素社会を実現して世界の模範になってくれないかなあ?NHK番組ではダイヤモンド博士は2030年に地球は滅びると言っていたような?孫のために穏やかな地球にして欲しいと願い続ける『じいじ』でした。

心穏やかでないことがもう一つ。楽器の修理業をしていて、この所、クレームが多くなってきている。これまで通りにやっているつもりなのだけれど、他の事に気を取られて作業内容が疎かになっているのか、それともお客の見る目が厳しくなっているのか?創業18年目になるので慢心してきているのか?気を引き締めなければならない。集中!集中!

エッセイその306:高齢化問題

3月31日の朝日新聞に、『75歳以上 43道府県で2割超』、『再雇用賃金75%減 違法』の記事が掲載されている。70歳になろうとしている自分はまだまだ身体的にも頭脳的にも元気で働けるし、働いていて年金も支払っている。先日懇談した、友人4人全員が自営で働いていた。従って、大勢いる元気老人が働いて、その当然の対価として正当な額の賃金をもらい年金を支払えば、若者に苦労を掛けないのではないだろうか?かように充分労働できる力がある老人は多いと思うけれども、会社に再雇用されると、これまでと同様な仕事を要求されるのに、パート扱いとなり、賃金はいきなり25%になってしまうのは、働きたいという意志を阻害する行為であり、同一労働・同一賃金の考えからもおかしい。高裁判決確定に賛辞を送りたい。当然の判決だ。

編集後記(2018年3月号)

2月末のアクセスカウントは129,777でしたので、2月のアクセス数は<525>カウントでした。

3月初日は爆弾低気圧に伴う暴風とともに暖か過ぎる気温と花粉初日を運んできた。1・2月は花粉はほとんど感じなったけれど、これから大変になるのかなあ?

平昌オリンピックが終わりました。若い頃はスキー部に所属してスキー競技の観戦も好きだったのに、今はほとんど見たいとは思わないが、ニュースがそればかりやるので、兎に角、日本選手が頑張ったことは充分知った。それ以上に、オリンピックを舞台に、南北朝鮮の駆け引きや、下町ボブスレーのジャマイカの攻防など、スポーツ以外に見どころはあった。これからパラリンピックだが、オリンピック同様に時間を割いて報道して欲しいなあ。僕はスポーツ観戦は好きではないので余り見ないと思うけれど、選手たちの頑張りはオリンピックもパラリンピックも変わらないでしょう。差別はしないようにして欲しい。

エッセイその305:裁量労働制

国会で、働き方改革の内の『裁量労働性』を議論する基本的なデータの誤りが散見され議論を呼んでいる。中には、厚生官僚が政治家に反発するための『しかけた爆弾』だという人もいて面白い。安倍一強の中では何を反論しても意味はなく、ただ面白がるしかないかないかな?野党は大同団結して、消えた年金問題の時のように頑張って欲しい。そうは言うものの、与野党が肉薄して議論百出して何も決められない状態というのも困るねえ!3月1日未明に、『裁量労働性』に関する事項は取り下げるといういう表明がなされたので、野党は頑張ったと言えるかな?

ところで、裁量労働性というのは理想的な考えだと思うけれども、日本では単に経営者が残業代を削減する目的で成立させようとしているように感じるかというと、日本の労働者には裁量があるように感じないからだと思う。それは何故かと言うと、日本のホワイトカラー(事務職)の生産性が低いと言われて久しいけれど、低いからこそ、残業が増加するのは自然の成り行きである。その生産性の低さの原因は、管理職など本来、議論をした後、結論を導き出し、何をするべきかを決定すべき職種にいる人達が『決定』しないことにあるように思う。決定しないから議論はだらだらと続き、みんなで決めたように装うまで会議を続けるから、時間が幾らあっても足りなくなる。会議で時間をとられるから自分の仕事は残業でこなさなければならなくなる。

裁量というのは、自分で決定できる権限があるということだと思うけれど、上司が決定する能力、つまり裁量が無いのに、自分が裁量できるはずもなく、自分の労働時間を自分で決められることはあり得ない。そんな現状の日本で裁量労働制が成り立つはずがない。やるなら、労働時間に制限を付けなければ、また死者が出るだろう。(反面、折角のプレミアムフライディも陰は薄いし、労働時間が短くなったのにやることがないから公園などでブラブラしてから帰宅するという人もいるらしいけれど、趣味とか起業の勉強をするとか、労働者も決定することを訓練しないとねえ。)

昔の会社では、親会社から社長が出向しているうちは一種の独裁状態で社内は平穏だったけれども、生え抜きが社長になれるようになったら、社内で足の引っ張り合いが起こり、会社が潰れそうになったことがあったけれど、そんなのも困る。中国もロシアも首班の任期が長く続けられる(独裁的長期政権)ような法律改正が行われたけれど、日本でも『正しい』独裁者、待望論なんてのも出てくるかもね?といいたいけれど、安倍さんは既に独裁者ではないか?でも、森友・加計問題など正しく見えないから『正しい』独裁者ではないのでしょうね。

決して独裁者が現れることを待望している訳ではなく、議論を尽くした上で、部下への思いやりをもちつつ、何事においても独裁者のように強い意志を持って管理職が素早く決定するということをしないと労働生産性は上がらないということを言いたいのである。

エッセイその304:一帯一路

中国がGNP世界第2位を背景に経済的な世界制覇を企てている。世界の下請け工場として、安い賃金、欧米諸国の搾取にじっと耐えてきたけれど、リメンバー!アヘン戦争・日清戦争だ。これから世界の覇者の復活を目指し、大いなる反撃に打って出るだろう。しかも政治体制は一党独裁である。その基では上層部の決定は絶対であり、国民を犠牲にしてでも政策は遂行できる。その結果、中国は資本を集中できるため、今は劣っているけれど、電気自動車の開発などの技術革新を早めることができるし、新シルクロードの建設など超巨大な事業も遂行できる。

一方、戦前あった財閥や大地主などに富が集中して大きな社会改革や発展が出来た時代からすると、現在の日本を含めた欧米の先進民主主義社会は国民の要請からも貧富の差を縮めようとしているため資本が分散し、大きな投資が出来ない状態であり、中国との経済的な格差は非常に大きいといえる。資本主義は何と言っても資本が大きければ大きいほど成果が上がると考えられるので、中国の政治体制がゆるがない限り、早晩、一帯一路をやり遂げ、中国が世界を制覇するに違いないと考えているのです。え?中国って資本主義?そうなんです、独裁資本主義と言えるのでないか?と思うのですが・・・。

けれど果たして、その結果が人類や中国国民にとって良いものになるかは疑わしい。独裁者が万民のことを考えた事例がないのだから、再び不幸な結末が待っているかもしれない。終末時計では地球の命はあと2分だという。中国が粗悪な石炭ストーブを使用しなくして、効率的な電気自動車を走らせるようにしてくれて町の青空を回復し、地球温暖化を阻止してくれる、さらに、共産主義国家なのだから、本来の目的を忘れず、中国全土の、否、地球全体の国民の貧富差も無くしてくれる、そんな中国になって欲しいなあ?その力は既にあるでしょう。

編集後記(2018年2月号)

1月末のアクセスカウントは129,252でしたので、1月のアクセス数は<581>カウントでした。今年も、もう2月になりますが、このところ、寒さというのはこんなに寒かったかな?って思うほどですし、雪は降るし、溶けないし、受験生は大変な天候になっていますが、頑張って欲しいですね。TV番組の『サイエンス ゼロ』によると、今年は黒潮が蛇行しているため、黒潮に沿って移動する移動性低気圧が東京から南東方向へ離れた位置を通ることによって、寒気を関東地方に呼び寄せるという。ただ、黒潮の蛇行は何故起きるのかは明確には解明されていないようだが、世界的な温暖化とも関係有るのでは、と考えてしまうが?。

エッセイその303:草津白根山爆発

世界的な温暖化は中国やインドのpm2.5に象徴されるように、発展途上国では急速に温暖化物質が放出されているということで、地球の週末時計はあと2分となったというけれど、温暖化は誰にも停められず、行き着くところまで行くのかな?出来れば、生まれたばかりの孫のためにも救世主が現れてもらいたいものだ。

前に論じたことがあるけれど、地球の空気が温暖化すると海水は暖かくなる。それが循環して地球全体の海水温が上昇する。すると、それに接した地球のプレートは僅かでは有るが柔らかくなる。それによって地殻変動が大きくなり、火山が活発化するのではないかと予測している。友人はそんな馬鹿な話は無いと一笑に付されたけれど、最近の白根山や蔵王の噴火などは関係有るのではないでしょうか?

一方、日本のエレルギー界は、石炭火力発電を世界に売り出そうとして先進国から避難を浴びたり、太陽光・風力発電などをした電力を送電線が一杯ということで引き受けないけれど、実は使用率が20%前後しかなかったという。全くの自己保身だというしかない。技術先進国を自認していた日本は自尊心を捨ててしまったか?自分も最近の仕事でクレームが多くなっているので、身を引き締めなければならないなあ!

編集後記(2018年新春号)

明けましておめでとうございます。謹んで初春のお喜びを申し上げます。

2017年のアクセスカウンタは120,820からスタートしましたが、途中で、カウンタのトラブルあり、カウント数は正確ではありませんが、12月末のアクセスカウントは128,671でしたので、12月のアクセス数は<666>カウント、2017年の総数は<7,851>でした。このページも20周年を迎えました。特に、どなたと議論を行うこともなく、身勝手な論理を展開しておりますが、読んで頂いている方がいらっしゃるやら、いないのやら?今年もまた、壮年?もう老年かな?の主張(たわごと)を書い連ねたいと思います。

エッセイその302:私の2017年重大ニュース

1.健康:

  1)前立腺癌:PSA値のしきい値が転移の兆候を示したので、7月よりホルモン剤投与開始。更年期障害のように火照るのが睡眠の障害ともなり困った。友人や主治医の勧めもあり、放射線照射治療を11月末より26回受けた。結果、PSA値は測定限界値まで下がった。今後、薬剤投与せず経過観察する。

  2)不整脈:病状は大きな変化ないが、息切れが強くなってきている感じがする、血圧が高くなってきている、などある。

  3)歯:貴重な前歯1本抜歯。毎朝、歯磨き+ジェット洗浄+洗浄剤でケアはしているけれど、温存は難しい。

  4)2017年3月に酔っ払ってころび左肩を強打。肩の痛みは治癒したが、6月より左ひじに痺れがあり。未だに治癒せず。

  5)花粉症:軽くなってきているようで通院しなかった。

2.生業:技術コンサルの依頼は近年、全くないので、関係資料をほぼ全て廃棄した。

  (1)楽器修理業:細々まずまず

  (2)楽器修理ボランティアも継続中

  (3)儲け口を画策する「ドリ研」機能せず。他に何かうまい儲け口ないかなあ?

3.ジャズバンド:

  (4)New Flying Cats 36周年ミニライブ1回

  (5)大学OBバンドEasy OB会出演、3年目を迎えた

  (6)ダンスバンドNew Star Dusters 老人ホーム慰問3回

  (7)アドリブ研究会 毎月実施したが、アドリブの上達は相変わらず迷走中

  (8)大学研究室バンド 練習より酒が楽しみかな?

4.郷土伊勢:

  (9)叔母の見舞いを兼ねた伊勢通い(5回)

  (10)中学ミニ同窓会(5回)

  (11)やまだ大学「伊勢さんぽ その3」4月16日、「その4」6月18日、「その5」台風で延期

  (12)中学東京ミニ同窓会(2回)相変わらず続行中

  (13)NPO伊勢志摩さいこう会 第11期を事務局長として遂行し、12期に入る

  (14)「書」の掛軸の解読は友人書家の尽力で完了し、まとめに入るものの完結せず

  (15)「旅館宇仁館物語」の執筆も今一歩で完結せず

  (16)空き家の叔母宅と不用品のレコード&PA装置で「レコードバー」が開店できないか画策中。

5.その他:

  (17)東京散歩の会:東京湾クルーズ、日産自動車博物館、セイコー時計博物館、鳩山旧邸などを散歩、継続中

トップページにもどる

 

あなたは  人目の訪問者です
本日  昨日